2017-06-10

[この殺人本がすごい] 深笛 義也『罠 埼玉愛犬家殺人事件は日本犯罪史上最大級の大量殺人だった!』

618drwcf08l_sx340_bo1204203200_

関根元の埼玉愛犬家殺人事件にまつわる本がまた出てしまった!高田耀山『仁義の報復』は関根に舎弟を透明にされてしまったヤクザの組長が書いた本だったが、今度は三里塚闘争にも参加していた過去を持つ新左翼活動家崩れのルポライターといういかにもゴールデン街あたりに吹き溜まっていそうな作家だ。深笛義也『罠 埼玉愛犬家殺人事件は日本犯罪史上最大級の大量殺人だった!』(サイゾー)である。

 埼玉愛犬家殺人事件においては、関根元と風間博子に死刑判決が出て確定、共犯者だった山崎は死体損壊の罪で三年服役した。関根が獄中死したのも記憶に新しい。さて、この事件にはいろいろと問題があるのだが、その最たるものが風間の役割である。風間は死体損壊遺棄は手伝ったものの、殺害には一切関与してないと一貫して主張している。だが、裁判では関根の証言に基づき、風間が殺人の共犯者と認定された。風間は現在も無罪を主張し、再審闘争を続けている。

 筆者はたまたま風間の支援者と知り合いになり、膨大な裁判資料を渡されたことから裁判に興味をいだいたらしい。資料を読みこむうちに、検察の作ったストーリーの不自然さに気づいてしまう。つまり、風間は殺人のことなど何も知らず、事後従犯としていやいや死体損壊(透明にする!)につきあわされただけではなかったのか。山崎が語って有名になった、中村美律子を口ずさみながら死体を切り刻む風間の姿は文学的創作ではないのか。高田組の組長代行殺害の共犯は山崎ではなかったのか。もしそうだとしたら、誰が、なぜ風間が主犯であるというストーリーを作りあげ、なぜそれがまかりとおってしまったのか。

 その意味で、事件の真のキーパーソンは埼玉地検の岩橋検事なのではないか……と筆者は岩橋検事に直接取材も試みる。さすがは元活動家だ! 風間の息子や二人のあいだの娘の率直な肉声も聞こえ、なかなかに興味深い。

「事件を知ってすぐに、風間が警察に相談をしていれば、判決はまるで違ったものになっていたかもしれないのだ。早い者勝ちで有利な判決が得られるなら、裁判とはいったいなんなのだろうか」
風間博子はなおも無罪の訴えを続けている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-06-02

スキップ・ホランズワース『ミッドナイト・アサシン』

4171
 ぼくがスキップ・ホランズワースの名前を知ったのはBest American Crime Writingsのシリーズを読んでいたときである。〈ニューヨーカー〉や〈エスクァイア〉といった雑誌に並んで、〈テキサス・マンスリー〉という地方雑誌の記事が再録されている。そこでメジャー雑誌にまさるともおとらぬ見事な犯罪ルポを書いていたのが〈テキサス・マンスリー〉のエース記者であるスキップ・ホランズワースだったのだ。簡潔な文体と行き届いた取材、意表を突くプロット。犯罪ノンフィクションのお手本のような名品ばかりである。多くは〈テキサス・マンスリー〉から出ているアンソロジーで読むことができる
 そのホランズワース、初の長編ノンフィクションがようやく出版された。『ミッドナイト・アサシン』は一八八四年、テキサス州オースチンで発生した「アメリカ初の連続殺人事件」についての本である。疾風のようにあらわれて証拠を何一つ残さず消えてしまう殺人鬼、実はさる事件との関連が疑われることになるのだが……たいへん面白い本なので是非。ぼくは解説を寄せさせていただいております。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-05-28

バラード短編全集 終着の浜辺

1060
東京創元社より刊行中の〈J・G・バラード短編全集〉第三巻『終着の浜辺』が出版されました。ようやく折り返し点を超えた! 代表作「終着の浜辺」や「溺れた巨人」など名作だらかですが、個人的にはバラードのUFO小説「ヴィーナスの狩人」が今あらためて読み直すとなかなかに興味深かったですね。なお、次巻はいよいよクライマックスで、怒涛の革命時代の到来です!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-05-26

異形の愛

9784309207285
 キャサリン・ダンの『異形の愛』が河出書房新社から復刊されました。個人的にはJ・G・バラードの『クラッシュ』の次くらいに思い入れのあった翻訳なので、何よりも嬉しいことです。今はなきペヨトル工房から1996年に出版された翻訳でしたが、2000年のペヨトル解散とともに絶版、そのまま翻訳書の辺土をさまよっていた本がようやく復刊にこぎつけたという次第。ぼくがこの本を手がけることになった経緯は〈漫画アクション〉に書いたとおりだけれど、その後もとうてい書けないいろんなことがありました。まあ担当編集者が村崎百郎氏だったのだからね、そりゃあいろいろある。内容についてはくだくだ書くことはしません。知っている人は知っているでしょうから、届くべき人のところにはかならず届くことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-01-11

[この殺人本がすごい] 高田耀山『仁義の報復』

61vsjylbel
 関根元の「埼玉愛犬家殺人事件」といえば風間博子の無罪主張とか、共犯者山崎永幸の証言とか、いろいろ謎の多い事件として知られているが、これに関して新しい本が出た。なんと関根に「透明にされた」ヤクザの組長による暴露本である。高田耀山『仁義の報復』(竹書房)である。いきなり開くと

「実はわたしは座禅と瞑想を続けたおかげで、チャクラが覚醒している。チャクラが覚醒した者のみが見える眼で関根の犯行がわかったのだ」

 とか書いてある。第三の目が開いたヤクザなのか! しかもこの高田組長(稲川会の直参で、本部づとめもしているかなりの大物である)、アフリカケンネルからライオンやトラを購入し、関根とは直接面識もあったというのだから期待はさらに高まる。十人以上殺しているという関根の真実ははたして暴かれるのか?
 高田によれば、遠藤(殺された組長代行)の失踪後、第三の目で関根が怪しいと見抜いた高田は、部下に命じて関根とつながりのあった新井良治をさらわせ、関根との電話による会話を録音する。そのやりとりで関根の関与を確信すると、さっそく報復に出ようとするが、それを察知した警察からの圧力で動けない。そこで逆にその会話の盗聴テープを警察に提供し、捜査を大いに進めたという。
 それ以外にも山崎を問い詰めたり、警察よりも早く事件の概要を掴んでいたとする主張多数。でもそのわりには公表されている以上の情報はないんだよなあ(十人以上殺していると書きながら、関根の犠牲者の名前が四人以上あがるわけではない)。チャクラ開いてるわりには関根にかまかけたり脅したりしてるばかりで、公表されてる以上の話がないんだよなあ……ただし共犯者山崎が警察と実質的な司法取引をして罪を逃れたという点はきっちり書いており、そのために暗躍した検事のその後の話まで書いてあるのは、まあ、警察には書けないことである。瞑想したり滝で水垢離したりしている高田組長の写真が満載されたとってもキュートな本である。なお、高田組長のブログはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-09-29

なんの映画になりたい?

 岡田秀則さんの著書『映画という《物体X》』(立東舎)を読む。われわれが当然のように見ている「映画」を「保存」するとはどういうことなのか、フィルムの物質的側面はもちろん、その外へと縦横に考えが広がっていく気鋭の書である。

 この本の元になった連載を読んでいたときに、いろいろ無駄なことを考えたことを思い出した。mixi日記からサルベージ。

 未来社のPR誌『未来』の3月号に載っていた岡田秀則の原稿(「草を食む映画」)が面白かった。映画フィルムに使われる乳剤の原料はいまだ合成されておらず、牛骨や牛皮から取れるゼラチンを使わなければならないのだという。「私たちがこれまで映画館のスクリーンに見てきたのは、どれもこれも牛の体内物質を通過した光の跡なのである」

 あるいは常識なのかもしれないが、ぼくは知らなかった。こういう話を聞くといろいろな夢想が進む。牛骨からゼラチンがとれるというなら、人骨からはどうなのだろう? たぶん量が足りないから映画は作れないだろうが、もし作れるとしたら?

 遺言に「ぼくの骨からは映画フィルムを作ってくれ」と書いておいたら、骨からフィルムを作って、それをみんなで見てくれないだろうか? これはいいね。少なくとも千の風になって漂ってるよりはずっといい。

 もしそれが可能なら、どんな映画になりたい? やはりファスビンダー(『十三回の新月のある月に』あたりがいいね)と言いたいところだが、コメディでもいいな。生きているあいだは他人への嫌がらせみたいなことばかりしていた身としては、せめて死んだあとくらいは笑ってほしい。ブニュエルで『小間使いの日記』とかどうかなあ。ぼくから作ったブニュエルを見て、みんな笑ってくれるなら、これほど楽しいことはないよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-09-27

J・G・バラード短編全集1

1058
 東京創元社よりJ・G・バラードの全短編を集成した〈J・G・バラード短編全集〉が刊行になります。創元推理文庫から出ていた短編集も、さすがに翻訳が古くなってきたところもあり、あらためて新訳決定版を出そうということになりました。発表順に収録した全五巻での全集ということになります。

 装画にはエドゥアルド・パオロッツイを使用しています。バラードと伴走したポップ・アーティストの作品とともに、バラードのキャリアを走り抜けてください。

 なお、10/8(土)に京都SFフェスティバルにて「いまこそ、バラード。」と題してトークがあります。お近くの方は是非。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-07-10

宇宙ヴァンパイアー

41t6xepvv5l_sx349_bo1204203200_ コリン・ウィルスンの『宇宙ヴァンパイアー』が新潮文庫の村上柴田翻訳堂で復刊されて、その解説がアレだという話を聞きこみ、そういう話には目がないのでさっそく買ってきた。巻末に村上春樹×柴田元幸の対談がついているわけだが。


村上 そうだと思う。この小説は、ぼくが割と好きなトビー・フーパー監督で映画化されてるんですよ。
柴田 面白い映画ですか?
村上 これがひどい映画でね(笑)。僕はその昔ホノルルの場末の映画館で見たんだけど、まあ、とんでもない映画で。
柴田 たしかに、「映画では原作の真の精神を生かし切れていない」とわざわざ原書ペーパーバック版の裏表紙に書いてありました(笑)。
村上 作品の雑多性を映画が表しきれなかったんですね。

 村上春樹おまえはなにもわかってねえ!てか村上春樹が何もわかってないことはよくわかっていたが、ここまでひどいとは。ちなみにこの前には

柴田 ほかにSFで特に惹かれる作家は誰かいるんでしょうか。
村上 ロバート・シルヴァーバーグとか……。フィリップ・K・ディックも割に好きですね。
柴田 J・G・バラードはどうですか。
村上 読みます。でも、ディックやバラードに深い思想や哲学などは求めないし、SF小説で深く考えてゆくということはないです。

 なんて会話もあって、あんたはドストエフスキーでも読んでてくださいよ本当に。しかし「割と好き」なトビー・フーパーっていったい何を見て言ってるんですかねえ……

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016-06-05

三人目を探せ

Action 双葉社の〈漫画アクション〉、2016年11号(6/7号)から「三人目を探せ」っていうコラムを連載しています。なんと見開きのコラム。それも自由に書いていいと言われているのでオピニオンです。いやまあもちろんぼくの書くことなんで政治経済の話じゃあないわけですが……
 自由にさせてもらっているのを幸い、およそ読者のことを考えないコラムを書いています。いや、もちろん読者にはついてきてほしい。けれど今のアクションの読者の九割にとっては何を書いてあるのかちんぷんかんぷんなコラムでしょう。でもそれでも、ちょっとでも違和感を、ひっかかりを覚えてくれる人がいればいいなあ、と思って書いてます。まあそれがぼくを見込んでくれているアクションの新編集長Hくんへのせめてもの返礼かな、と。だから、とりあげるネタもいっさい妥協抜きで趣味に振り切ってます。ここまでまかされて、つまらないものは書けないですからね。隔週火曜日発売ですので、ぜひ目を通してください。第二回は6/7(火)発売の6/21号。ジャック・リヴェット監督『アウト・ワン』の話を書いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-03-01

『ロデリック』刊行記念  柳下毅一郎×円城塔(ゲスト)トークイベント

 ジョン・スラデック『ロデリック』(河出書房新社)の刊行を記念いたしまして、解説をいただいた円城塔さんとトークをさせていただくことになりました。場所は高円寺の文禄堂(旧あゆみbooks)です。ふるってご参加ください。

3/23『ロデリック』刊行記念  柳下毅一郎×円城塔(ゲスト)トークイベント

日時:3月23日(水)午後7時~ 会場:文禄堂高円寺店イベント会場

ご予約方法:入場料一律500円(ドリンクは含まれていません)
当日書籍をご購入していただいた方には柳下さん・円城さんのサイン可。
※当店で事前購入された方は書籍と一緒にレシートをご持参下さい。
①店頭 ②電話 ③Peatix(後日)にてご予約を承ります。※定員40名

 当日はおまけも進呈しようかなどと思ってますので、ふるってご参加を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧