« ベスト・オブ・映画欠席裁判 | トップページ | タマフル 春の推薦図書特集  feat.ファビュラス・バーカー・ボーイズ »

2012-03-05

映画『311』

 朝日新聞3/2夕刊に書いた映画『311』(森達也他監督)の映評が朝日のAspara Clubに転載されました。お読みいただければぼくのこの映画への評価はわかると思います。どうしてもこう書かずにはいられなかった、ということです。大震災関連の映画はこれまでもたくさん公開されたし、これからも公開されていくと思うのですが、できるだけきちんと見ていきたいと思っています。

|

« ベスト・オブ・映画欠席裁判 | トップページ | タマフル 春の推薦図書特集  feat.ファビュラス・バーカー・ボーイズ »

コメント

いつも拝見させていただいております。
失礼ですが、末文の「相馬看花―第一部失われた土地の記憶―」は「奪われた土地の記憶」ではないでしょうか。
(朝日さんのミスかも知れませんが)
以上、取り急ぎお伝えいたします。

投稿: オードリー羽田 | 2012-03-05 16:02

ぎゃあ。そのとおりです。松林監督、失礼いたしました。
http://www.youtube.com/watch?v=wlmtUglUVa0

投稿: 柳下毅一郎 | 2012-03-05 16:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/54146816

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『311』:

« ベスト・オブ・映画欠席裁判 | トップページ | タマフル 春の推薦図書特集  feat.ファビュラス・バーカー・ボーイズ »