« iSad | トップページ | 実録・殺人事件がわかる本2010 SPRING »

2010-01-31

サヨナライツカ (2009)

監督・脚本:イ・ジェハン 出演:中山美穂、西島秀俊 原作:辻仁成

 航空会社のエリートサラリーマン、西島秀俊は東南アジアの航路を開拓すべくバンコクを訪れた。同僚のマギー(って誰ですかこの人)がもよおしてくれた歓迎会にはなぜか美人を呼んでいるという。「もうノーブラで乳首なんかたっちゃってこんな!」とマギーが力説するミステリアスなノーブラ美女、それが真中杳子(中山美穂)であった。

 西島くんはパンナムとの航空会社対抗草野球に出場する。ちなみに「新聞見ました? アメリカがヴェトナムに負けたんですよ」なんてセリフがあることから(まあそんな無理矢理なセリフを入れないと時代がわからないというところにそもそもの……)1975年の物語と思われる。パンナムは世界の空を支配する巨人で、西島くんの勤める日本の航空会社はその牙城に切り込まんとしてるわけ。「好・青・年! 好・青・年!」のコールを受けてバッターボックスに入る西島くん。彼はあらゆる人から「好青年」と呼ばれており、「がんばれ好青年」みたいなゲーフラまであります。九回裏、監督(支社長)は送りバントのサインを出すが、西島くんはそれを無視して思い切り振り切ってホームラン! 西島くんはホームランか凡フライの二択の男なのだ。それを観客席で見ている中山美穂。

 翌日、西島くんがシャワーを浴びていると、家にいきなりみぽりんが訪れる。いきなり中に入ってくると、ものも言わずパンツを脱ぎ出すみぽりん。ちなみに出会ってからここまで二人は一言も言葉を交わしていません。西島くんもたまらず襲いかかって二人は獣のようなセックスを! 終わったあと中山美穂は「欲しかったルイ・ヴィトンのバッグを手に入れた気分よ」ヴィトンのバッグかよ! 鞄にたとえられても怒らないのが好青年。

 中山美穂はマンダリン・オリエンタルの「サマセット・モーム・スイート」に住んでいる金持ちの美女。で、その彼女に真面目な西島くん(婚約者あり)が翻弄されるって話らしいんだけど、最初から西島くんが色と欲に生きる黒い男にしか見えない。しかも中山美穂は全然「ミステリアスな美女」を演じられず、素のまま。1975年のバンコクってのがどんな町なのかも全然わからないんで、ほとんど高級ホテルでノーパンノーブラで歩きまわってる痴女にしか見えないのである。これ、みぽりん何歳の設定なんだろうか。映画で見るかぎりどう見ても西島くん(29歳の設定)より年上なのだが。

 ま、珍描写はいろいろあって、西島くんがメルセデス・ベンツ500kのオタクでカタログ・スペックをペラペラ暗唱するとか、二人でその車に乗って空港に突入し、勝手に駐機している飛行機のコックピットにあがりこむとか、西島くんが妄想する未来世界の社長の椅子とか、西島くんの婚約者石田ゆり子が異常に黒いとか、まあいろいろあるんだけど、これ実は韓国映画なのである。スタッフは完全に韓国で固められてるし、製作もCJ entertainment。なので韓流ならではの珍描写と超展開と思えば腹も立たない。

 みぽりんと別れた西島は無事販路拡大に成功し、本社で順調に出世する。そして二十五年後、新たな提携交渉のために初老の西島くんは思い出のマンダリン・オリエンタルに泊まる。するとそこのフロント係に昔と変わらぬ姿で立っている中山美穂が!「あなたがいらっしゃると知って、ずっとお待ちしておりました」 思い出は遠い日の花火ではない……ってこれは「黄昏流星群」か!? 原作弘兼憲史の間違いじゃねえのか!

 まあ、いろいろと面白い映画であった。コメディとしてはちょっとテンポが悪いのだが、みぽりんの痴女プレイを楽しみたい人と韓流の超展開が好きな人にはお勧め!

|

« iSad | トップページ | 実録・殺人事件がわかる本2010 SPRING »

コメント

何偉そうにw
あんたは、ろくにまともな恋愛してないから
いらんとこばっかに目がいくんだよw

いい映画だったよ。美穂もな。

映画評論家?こんな頭で目で口も言葉も悪くて
こんな奴に評論家ぶられてもね~

まあ あんたは評論家に向いてないわw

投稿: nakamura | 2010-02-01 06:30

ガースさん、久しぶりの映画日記待ってましたー!


あれっ、辻仁成がコメントしてる!?

投稿: 竹細工 | 2010-02-01 10:00

>何偉そうにw
>あんたは、ろくにまともな恋愛してないから
>いらんとこばっかに目がいくんだよw

正にそれはお前だ。


>いい映画だったよ。美穂もな。


最高!

投稿: hagane | 2010-02-06 00:44

まともな恋愛ってW
この世の存在全てが恋愛対象で、そこに存在する恋愛全てがまともだよ。
小さい人間だなあ。

投稿: 偽nakamura | 2010-02-12 10:06

ありがとうございます。
箸にも棒にもかからない映画の批評、ご苦労様でした。
これで十分ですね。
どんな情報(もちろん勝手に入ってくる情報です)を見ても「みぽりんの痴女プレイ」だけが売りなんだとしか思えなかったのですが、間違ってなかったみたいですね。
たぶん、僕なんかは辛くて2、3分で挫折しそうなので、何年後かにテレビで録画して、そこだけ観ることにします(笑)

でもまた何か賞を獲っちゃうんだろうなあ・・・。

投稿: トル | 2010-02-12 14:08

「バンコクで1975年に有閑マダムがハゲシい痴女プレイ!」って、ソレ「エマニエル夫人」じゃないスか。でもコレはソレがなんか「純愛」みたいになってるところがしゃらくさいですけど。

まぁ「七夜待」つー映画みたく、「エマニエル」のクセに脱がないしヤらない!なんてシロモノよりは、比較にならんほど良心的な映画なんでありましょう。

投稿: kamikitazawa | 2010-02-15 11:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/47445232

この記事へのトラックバック一覧です: サヨナライツカ (2009):

« iSad | トップページ | 実録・殺人事件がわかる本2010 SPRING »