« ミルク (2008) | トップページ | 千里眼 キネシクス・アイ (2009) »

2009-04-19

丘の上のパンク -時代をエディットする男、藤原ヒロシ半生記

510htshbayl_sl500_aa240_  川勝正幸編著による藤原ヒロシ伝。ぼくは藤原ヒロシとは以前からの知り合いだが、実は彼のやっていること自体にはほとんど興味がない。ファッションにもDJにもなんにも。だが、それでもこの本はたいへん面白かった。

 多くの人の証言で藤原ヒロシのやってきたことをあぶり出していくという構成なのだが、そこから浮かび上がってくるのが80年代のクラブ・カルチャーである。ぼくが宝島編集部にいた当時の出来事だったりするので、涙が出るほど懐かしかった。なんかやたら狭い人たちの人間関係だけでできあがってるようにも見えるが、ぼくの知るかぎりでは、ほぼ当時のシーンというのはここに書いてあるとおりである。今にして思うとずいぶんちっちゃなところで回っていたんだな、とも思うが、だがシーンというのはそういうものなのだろうね。エイティーズ好きの若い人すべてにお勧め。ヒロシの本だと思って手を出さないでいると損をするよ。

 副読本として『特殊まんが-前衛-の道』(根本敬 キララ社/河出書房新社)を読めば完璧かな!

|

« ミルク (2008) | トップページ | 千里眼 キネシクス・アイ (2009) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/44714642

この記事へのトラックバック一覧です: 丘の上のパンク -時代をエディットする男、藤原ヒロシ半生記:

« ミルク (2008) | トップページ | 千里眼 キネシクス・アイ (2009) »