« SFが読みたい! | トップページ | 闘う時評 »

2009-02-17

老人動物園 ペンギンが空を飛ぶ (2009)

監督:マキノ雅彦 出演:西田敏行、中村靖日 公式サイト

 行動展示で有名な旭山動物園のPR映画だから、当然きゃわいい動物がわんさか出てくるんだろうな……と思って暗い気持ちで見に行ったが、マキノ雅彦(津川雅彦)のボケっぷりはそんな甘いレベルではなかった! これ、基本は園長・西田敏行とその周囲の飼育係の人間ドラマなんだが、そのメンバーが凄い。長門裕之、岸部一徳、塩見三省、六平直政、榎本明……ってここは動物園じゃなくて養老院じゃないか!?と思わせる大老人大会。

 で、この面々がちっとも有能じゃなく、とりわけチンパンジーの飼育係長門裕之にいたっては、自分がチンパンジーの妊娠に成功したからって、ゴリラの飼育係岸部一徳を馬鹿にする始末。「(雌ゴリラの)マリはおまえのことを旦那だと思ってるからな!」からかわれた岸部一徳はすねてゴリラの檻に閉じこもる(子供か!)。しまいにゴリラの飼育係を降りてしまう。ふられてしまったマリ(雌ゴリラ)はハートブレイクで死んでしまうのだ!

 ついにチンパンジー出産の日が来た。産まれたぞ!と大喜びの長門裕之ははしゃぎすぎてゾウに抱きつき、踏みつぶされてしまう! 葬式では中村靖日(元ヒキコモリ)が「野生の壁を犯したから、その報いですよ!」と言い放つのだ。

 ……で、延々ダメ飼育員たちとダメ動物園を救えって市民運動(岸部一徳が着ぐるみ着てビラ配ったりする)が続くばかりで、行動展示をはじめるのは最後の五分くらいだった! ペンギンはCGで宇宙空間を舞ってたよ!

|

« SFが読みたい! | トップページ | 闘う時評 »

コメント

内容がく、狂ってる…。

投稿: 瓜 | 2009-02-20 02:38

実話に基づいた映画じゃなかったんですか…?

象のエピソードは旭山動物園よりも井の頭動物園という気がします。獣姦マニアがはな子さんをレイプしようとして踏み殺されたというやつ。

一昨年、井の頭動物園では、はな子さんの還暦祝いということで、子供からお年寄りまで様々な人から来たお祝いの手紙が張り出されていましたが、すごかったのは昭和18年吉祥寺生まれの男性の手紙。文面に「小学6年生の時に、同級生の女の子のお父さんが、酔ってはな子さんにいたずらしようとしてゾウ舎に入り込み、踏み殺された」という記述が! 他には飼育係が1人踏み殺されているだけだから、例のはな子さん獣姦未遂犯のことでしょうね。妻子持ちだったのか…。

投稿: マヌルねこ | 2009-02-21 09:27

パンフレットによると、実際に踏まれて亡くなった方はいるそうです。もちろん、浮かれて飛びついたわけじゃないと思うんですが。

それよりブクマコメントにもありますが福田和也が! 週刊新潮買ってきたのでこれは別エントリでにします。

投稿: garth | 2009-02-21 11:45

完全に無視してた映画ですが、レビュー読んで面白そうだなと感じてしまった。。。

投稿: adjuster | 2009-03-05 08:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/44087770

この記事へのトラックバック一覧です: 老人動物園 ペンギンが空を飛ぶ (2009):

« SFが読みたい! | トップページ | 闘う時評 »