« 「テレクラキャノンボール2009 賞品はまり子*Gカップ」 | トップページ | 映画芸術ベスト&ワースト10 »

2009-02-02

恋極星 (2008)

Upch1686 監督:AMIY MORI 出演:戸田恵梨香、加藤和樹 3/14公開 公式サイト

「ティア・マイスターたちが若手実力派女優・戸田恵梨香を迎えて贈る白くて淡い、スターダスト・ラブストーリー」

 このコピーを聞いただけで「これは見ないわけにはいかないな!」と思ってしまうオレはどこかおかしいのかもしれないが、しかしティアマイスターという言葉の響きには逆らえない。たぶんtear +meister つまり「涙の名匠」って意味だと思うんだが、そんなギルドがドイツにはあったのだろうか? そして「マイスター」の割には聞いたことのないAMIY MORIという人気女性写真家って誰なんだ!?(ていうか、綴り間違ってないか?)

 物語は小樽の町で一人知的障害の弟の面倒を実ながら暗い青春をおくっている菜月(戸田恵梨香)のところに、ある日軽いイケメンに変身した幼なじみが11年ぶりに帰ってくるところからはじまる。昔は子供同士で「けっこんしようね」とか約束したのに、自分をほっぽって勝手に外国に行ってしまって、急に帰ってきたからって馴れ馴れしくしないで!などと精一杯ツンツンする戸田恵梨香なのだが、イケメンパワーの前にすでに股間はゆるんでいたのだった……

 で、あとは例によって「奇跡なんて起こらないんだよ!」「5月6日みずがめ座イータ星流星群は13年ぶりの極大です」「Wrecking Ball 左半身失調!」と定番のティアイベントがてんこ盛りです。ティアマイスターはどうも、安っぽい音楽をだらだらと垂れ流してる以外はあまり仕事してないような気がしました。

 製作はデジタルハリウッド・エンタテインメント。デジハリって、昔高城がやってたとこだっけ?

|

« 「テレクラキャノンボール2009 賞品はまり子*Gカップ」 | トップページ | 映画芸術ベスト&ワースト10 »

コメント

>ティア・マイスター

ドイツ語のtiermeisterで「動物の王」ってことじゃないですか。
まだ人間まで進化できていない人たち(笑)。

投稿: 田波正 | 2009-02-02 16:23

そもそも戸田が実力派とは思えない。
何やっても同じ演技。
加藤も似たり寄ったりかと。
監督自体もキツい

投稿: さく | 2009-04-09 16:55

2人とも、それなりに演技はうまいですよ!!!
テレビカメラの前で、全国放送用のドラマや映画を撮影したこともない人が、演技力の評価をしないでください!!!

投稿: なつら | 2009-05-05 07:47

>なつら


あの演技を「うまい」などとおっしゃると言う事は、

>テレビカメラの前で、全国放送用のドラマや映画を撮影(意味不明)

されてるんですねー。すごいなあ!

投稿: DABO | 2009-05-07 11:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/43914683

この記事へのトラックバック一覧です: 恋極星 (2008):

« 「テレクラキャノンボール2009 賞品はまり子*Gカップ」 | トップページ | 映画芸術ベスト&ワースト10 »