« 2008年映画ベスト10 | トップページ | 一条ゆかりのプライド (2008) »

2009-01-20

感染列島 (2008)

監督・脚本:瀬々敬久 主演:妻夫木聡、壇れい 公式サイト

三回半笑いました(半分は半笑い)

残念だ。瀬々敬久の映画は昔から見ているから応援したい。したいんだけどやっぱり笑いはこらえきれなかった。三回のうちの一回は佐藤浩市が死ぬところ。もう一度は三浦アキフミが壇れいに詰め寄るところ。もう一回は妻夫木が「フレンド!ともだち!フレンド!」って叫ぶところ。 三浦アキフミという人の出番はどこもすごかったな…ああいう役にこそ吉岡睦雄とか使えばいいのに。

まあ、新しいゾンビ映画としてゾンビ手帖の人は評価してあげるといいと思う。感染患者がゾンビになって襲ってくるところは完全に「バイオハザード」だった。あの場には銃もあったんだからばんばん撃ち殺しちまえばいいのに!と思ったよ。

|

« 2008年映画ベスト10 | トップページ | 一条ゆかりのプライド (2008) »

コメント

意外にゾンビ出たんですか。いっその事、バカ医療ゾンビ映画にすればよかったのに。妻夫木が「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」みたいに電気ショックでゾンビ退治とか。佐藤浩市が武装車椅子でゾンビに特攻とか。そっちの方が私的に興味が沸きます。それと、伊東美和さんとは面識ないんですか?。

投稿: ウーリー | 2009-01-22 12:24

なんかひどいかきようWみなければよかったのにね残念

投稿: あ | 2009-02-01 02:17

え?ゾンビ映画なんですか?それを早くいってくださいよw
どんなゾンビが出てくるんですかw

投稿: ゾンビというと | 2009-02-04 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/43796047

この記事へのトラックバック一覧です: 感染列島 (2008):

« 2008年映画ベスト10 | トップページ | 一条ゆかりのプライド (2008) »