« 裸身の裏側 ふしだらな愛 (2008) | トップページ | あけましておめでとうございます »

2008-12-30

K-20 怪人二十面相・伝 (2008)

監督・脚本:佐藤嗣麻子 出演:金城武、松たか子、仲村トオル 公式サイト

 映画の冒頭で「日本は米国、英国と平和条約を結びました。これで第二次世界大戦は回避されました」とラジオのアナウンスで言うのを聞いてはや脱力したが(ニュースで「第二次世界大戦」なんて言うわけがない!)、それで「1949年」って……このパラレル・ワールド設定にはなんの意味があるんだろうか? 機械式タイプライターなキーボードを出したかったって以外に? まさか「こんな二十面相は二十面相ではない!」といううるさがたの非難を退けるためではないだろうが…

 そもそも第二次世界大戦が回避された世界ってことは、日本はまだ朝鮮や満州や台湾を植民地にしてるってことだよな? 中国はどうなってるんだろう? ひょっとして金城武の不自由な日本語の裏にはそんな事情が!

 出演者では金城武はいつも通りの棒読みだが、松たか子があまりに鈍重で目を覆わんばかり。宮崎駿的な元気なヒロインを目指してるんだと思うんだが、松たか子に「良家の子女のたしなみですわ!」とか言われてもな……漫画的誇張ってもんを根本的に勘違いしてるとしか思えん。

|

« 裸身の裏側 ふしだらな愛 (2008) | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

原作はだいぶ前に読んで面白かった記憶があるのですが・・・そうですか、そんな悲惨な出来になってしまいましたか。金城武は日本語をもう忘れたほうがいいかも(笑)

投稿: ノディ | 2009-01-01 14:36

演技は学芸会かと思いましたが、オーソドックスなジュブナイルSFということでは、がんばっていたんじゃないかと思います。
エコエコ3の女々しさにうんざりした記憶があるので、嗣麻子姉さんには頑張ってほしいというのもありますが。

投稿: kime | 2009-01-05 01:46

>第二次世界大戦

そういや『ローレライ』でも登場人物が口々に「原子爆弾」って言ってましたな(で、「原爆」とは絶対に略さない)。

かつ、「日米仲良しで大日本帝国がまだある」描写でも、いうならば『ロストメモリーズ』('00年 韓国)にコロッと負けてる、と。

投稿: kamikitazawa | 2009-01-09 23:42

悪意のあることしか書けないなら辞めな。

投稿: 魏 | 2009-02-03 16:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/43570769

この記事へのトラックバック一覧です: K-20 怪人二十面相・伝 (2008):

« 裸身の裏側 ふしだらな愛 (2008) | トップページ | あけましておめでとうございます »