« 全文引用 | トップページ | Bloodhag "Hell bent for Letter" »

2008-10-15

ディッシュ追悼

22b
 10/11(土)に開かれた京都SFフェスティバルで「ディッシュ追悼」企画に参加してきました。パネリストはぼくの他、牧眞司と樽本周馬(国書刊行会)の三人。まあ参加者の読書レベルなぞ一切考えずに飛ばしていたので、よく考えてみたら「いさましいチビのトースター」の話が一度も出なかった! ぼくは『歌の翼に』ってゲイ小説だよね、などという話をする。あと、本来パネリストとして登壇するはずだった若島正氏が所用で欠席となったので、勝手にその代役を務めようと思い、ディッシュがナボコフファンだった証拠としてPuppies of Terraという長編の紹介をしたのだけど、あまり受けなかった……
 なお、樽本くんは「せっかくこのために復刊のネタを仕込んで『おおっ!』という反応を期待していたのに、全然客席の反応がなかった…止めちゃおうかなあ…」などとぼやいていたので、心あるディッシュファンはもっと騒いであげてください。

|

« 全文引用 | トップページ | Bloodhag "Hell bent for Letter" »

コメント

僕は心ある“ディッシュ”ファンではないけれど、折角追悼企画に隠し玉用意してきた出版社の人に恥をかかせてやるなよ…とか、思ってしまったな。

国書刊行会さんの台所事情はよく知りませんが(知る由もありませんが)、出版社の人だって、「お粥」(安吾)じゃ力にならないでしょうから。

挫けずに頑張ってください、樽本さん(と此処で書くのは違いますね(汗)。スミマセン)。

投稿: 冬の蠅 | 2008-10-15 21:25

お気遣いどうもありがとうございます。「334」「キャンプ・コンセントレーション」そして「いかにしてSFは世界を征服したか」(評論集)…と出せるよう努力してほしいと思います(未来は読者にゆだねられている!)。

投稿: 国書樽本 | 2008-10-16 01:02

言葉足らずで分かりにくくてすみません、読者頼み、ということで…

投稿: 国書樽本 | 2008-10-16 01:33

失礼します。
私は残念ながら京フェスには行けなかったんですが、新参のディッシュファンにはとても嬉しいです。

絶対買います!!
(評論集は知らなかったです。順調に出るといいなあ……)

投稿: わー | 2008-10-16 03:06

ディッシュとは関係ありませんが、

クノー『あなたまかせのお話』が売れたら、
ぜひ評論集『棒・数字・文字』も翻訳出版してください。
個人的に読みたいと願っていますので。

投稿: 田波正 | 2008-10-16 10:57

あら、ご丁寧なレスをありがとうございます。樽本さん(と、此処で書くのはやはり違(ry)。

「いかにして~」は話にしか聞いた事はなかったから、楽しみですね。
しかし、こうやって改めてコメントにしてみると、自分も追悼企画当日の観客諸氏と大差ない期待ような気がしないでも…(汗)。
しかししかし、心あるディッシュファンの皆様方には努力願いたい。
だって復刊が盛り上がるジャマイカ!

投稿: lemoon | 2008-10-16 18:11

あっ、スミマセン。HM、間違えてしまった…

投稿: 冬の蠅 | 2008-10-16 18:15

できればどこかの文庫で復刊されるのがベストだと思いますが…単行本ですみませんが、きちんとした形で復活させますので何卒ご支援を。あと『棒・数字・文字』は某社でj刊行予定があると聞いたことがあります。

投稿: 国書樽本 | 2008-10-17 02:34

>>冬の蠅、各位
もう国書でSFとか外文出してるのは氏しかいないので、お粥ではなくご飯が喰えるよう国書に伝えて欲しく思います。氏がいなければ読みたいものが読めなくなる

投稿: 国書卒 | 2008-11-04 11:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/42795482

この記事へのトラックバック一覧です: ディッシュ追悼:

« 全文引用 | トップページ | Bloodhag "Hell bent for Letter" »