« TIFF supported by TOYOTA | トップページ | ボディ・ジャック (2008) »

2008-10-27

背徳映画祭@下北沢LA CAMERA

イメージリングスの背徳映画祭を見に下北沢LA CAMERAへ出かける。

一番楽しみにしていた吉行由実監督『空恋〜切りナイ恋物語』が、浦井崇監督吉行由実主演『愛の座礁』に差し替えになっていた。どうしたんだろう……と思いながら見ていたのだが(映画自体はまあ、面白かった)、終演後、出演していた藤原章からその理由を聞く。そういうことだったのか! それは吉行監督作品を見たいすぎる(Vシネマの仕事のせいで仕上げ時間がなくなってしまったらしい)。

しまだゆきやすの『フェリーニの京都』は宮田亜紀がちっともビッチに見えない(上品すぎる)ところが弱い。

枡野浩一の『バイバイと鳴く動物がアフリカの砂漠で昨夜発見された』は「この人とだけは関わりたくない!」と思わせてくれる粘着質の映画。つまり、作者の人となりが(たぶん……ぼくは付き合ったことがないので!)完璧に表現された傑作。

いまおかしんじの「ヘルシンキの濡れた砂」は無理矢理ないところに映画を作っている感じ。それでもとりあえずかたちになってしまうのがいまおかしんじの偉いところだけど、さしものいまおかしんじも、狙いどころをことごとくはずしつづける佐藤宏の前にはどうしようもなかったか。佐藤宏がもうちょっとものがわかってたら、最後は海辺で水のかけっこをするか、抱き合って砂浜をごろごろするかしてたはずなのに。

大木裕之の『LAST CITY』は傑作。普通に傑作。しかもここでしか上映できない映画でもある。

今回の背徳映画祭、なかなかいい映画がそろっていたんじゃないでしょうか。普通、ここまで安定してくると逆に停滞しそうなものだが、なおもアグレッシヴな作品が出てくるところがすばらしい。これで吉行監督作品が完成していたら伝説になったはずなんだが…!? まあそれは第五回に期待しましょう。

|

« TIFF supported by TOYOTA | トップページ | ボディ・ジャック (2008) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/42917468

この記事へのトラックバック一覧です: 背徳映画祭@下北沢LA CAMERA:

« TIFF supported by TOYOTA | トップページ | ボディ・ジャック (2008) »