« 「秘宝系」って誰のことだ? | トップページ | サンセバスチャン映画祭 »

2008-09-18

カナザワ映画祭2008 フィルマゲドン

 カナザワ映画祭2008 フィルマゲドンに参加してきました。

 今年の金沢はすごかった。クリスピン・グローヴァー見たさに藤原ヒロシから殊能将之古泉智浩までが金沢に集結、映画の方もとうてい信じられないようなもので、ただただ呆然の時間だった。前のエントリにも書いたように、ぼくは字幕を担当したのだけれど、It is Fine. Everything is Fine!を見るのはこれがはじめて。話は知っていたのだが、まさかあんなイメジャリーが登場するとは思わなかった。度肝を抜かれたとはこのこと。

 It is Fine. Everything is Fine!はすさまじい情念の映画だった。一生に一本しか作れない類の映画だと思うけれど、What is it?もやはり一生に一本しか作れない映画(こちらは正しくLAアンダーグラウンドの教養にのっとった、ケネス・アンガーの正統な後継者たる作品だ)だったので、クリスピン・グローヴァーというのはつまりそういう映画作家なのかもしれない。

 ちなみにこだわるところには偏執狂的なこだわりを見せてスタッフをてんてこまいさせていたクリスピンなのだが、ファンサービスはちっとも苦ではないらしく、サイン会も全員にサインし終わるまで延々とやっていた。 サインのときには「どこから来たの? どこでこの上映のこと知ったの?」って聞いていたのだが「ぼくのサイト(ブログ)で」という返事ばっかりなので、しまいに「おまえのサイトはどんだけ読まれてるんだ? 日本でいちばんの映画サイトなのか!?」と聞かれてしまったよ! いやまあ「ビッグ・スライド・ショー」の観客の中ではぼくの知名度は100%近いだろうけどね!

 あと覆面オールナイトのことは……映画祭スタッフにはご苦労様と言うしかない! 本当にご苦労様!

|

« 「秘宝系」って誰のことだ? | トップページ | サンセバスチャン映画祭 »

コメント

昨年東京フィルメックスで上映されたガイ・マディンの「脳に烙印を!(Brand upon the Brain!)」のDVDが米クライテリオンから出たので購入。で、ナレーション・トラックが8種類入っているんだけど、その中にクリスピン・グローヴァーもいます。ニューヨークで上映した際のライヴ録音のようです(日本の活動写真弁士みたいなものか)。ネットで調べると、ウド・キアーもライヴ・ナレーションをやったらしい。ウド様のナレーションもDVDに入れて欲しかったなあ…。

投稿: マヌルねこ | 2008-09-18 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/42512448

この記事へのトラックバック一覧です: カナザワ映画祭2008 フィルマゲドン:

« 「秘宝系」って誰のことだ? | トップページ | サンセバスチャン映画祭 »