« 蟹工船 (1953) | トップページ | 〈津山三十人殺し〉幻視行 »

2008-08-24

S-Fマガジン2008/10

720810 〈S-Fマガジン〉2008年10月号は野田昌宏追悼特集&〈新しい太陽の書〉読本。ぼくがかかわっているのはもちろん〈新しい太陽の書〉読本の方で、「特集監修」ということで収録作の選定などをやりました。

○『地図』 ジーン・ウルフ/柳下毅一郎訳
○『葉と花の帝国』 ジーン・ウルフ/宮脇孝雄訳
○ウルフ・エッセイ・セレクション 中野善夫訳
○作家論「ナボコフ読みの目から眺めたウルフ」 若島正
○ウールス人名・地名辞典 香月祥宏=編

「地図」はウールスを舞台にして、〈新しい太陽の書〉の登場人物も出てくる外伝的作品。「葉と花の帝国」は「茶色い表紙の本」ことセヴェリアンが持ち歩いている『ウールスと天空の驚異の書』の中の一挿話(ただし、『ウールスと天空の驚異』は伝説や昔話などの集大成らしいので、これが本に書かれているままかどうかはさだかではない)。あと、エッセイはThe Castle of the Otterから。

特集解説にはいろいろ書きましたが、ぼくが取り上げたキャラクターだけでなく、どのキャラクターに注目して読んでも、実は同じようなことが書けるはずです。読者一人一人が、〈新しい太陽の書〉の中でお気に入りのキャラクターを見つけ、彼にまつわる物語を読みとっていってほしいと思います。

|

« 蟹工船 (1953) | トップページ | 〈津山三十人殺し〉幻視行 »

コメント

(別に腐す意味はなく)小畑健さんがSFマガジンの表紙を飾る日が来ようとは思いませんでした…

書下ろしじゃないのが残念なところですが、今は週間連載があるものなァ。

しかし、「SFはやっぱり絵だねぇ」の野田先生追悼号でこういうことが起こると、なんだか感慨深いです…

投稿: 夢応の鯉魚 | 2008-08-25 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/42247081

この記事へのトラックバック一覧です: S-Fマガジン2008/10:

« 蟹工船 (1953) | トップページ | 〈津山三十人殺し〉幻視行 »