« 神様のパズル (2008) | トップページ | 温泉サギ師~湯けむり、グルメ、やっちゃうからあ!(1986) »

2008-06-22

文学賞殺人事件 大いなる助走 (1989)

Oinaru 監督:鈴木則文 出演:佐藤浩市 シネマヴェーラ渋谷にて。

 鈴木則文祭り最終日。やはり最後に「大いなる助走・完」と出て全上映が終了というのは堪えられんなあ……と思ったので最終日最終回を見に行くこ とにした。まあもう何度も見てる映画だし……と思っていたのだが、見始めたらもうおもしろくておもしろくてしょうがなかった。素晴らしくテンポが良く、石 橋蓮司のねっとりしたイヤミっぷりに腹を抱えているうちにとんとん拍子で物語が進んでゆく。今やこれだけ芸達者な脇役が揃っているのを見るだけでもすでに 眼福。出てくる女の子がみんなちゃんと脱ぐのもポイント高い。甲斐えつ子がたいへん美乳で良かったですね。最近、何してるんだろう?

 鈴木則文映画はいつもそうなんだけど、これも元気になる、というか明日に向かうモチベーションを与えてくれる映画だった。

「われわれのしていることは社会から見ればそもそもまだ何もしていないと同じであり、せいぜい何かをするための準備に過ぎないのではないか。そし てほとんどはそのままに終わってしまうのだ。跳躍台なきわれらが永遠の助走、呼び出されることなきこの大いなる待機が、はたして何の役に立っているのか」

まあぼくの仕事など、なんの役にも立たないと思いますが、でもやるんだよね!

|

« 神様のパズル (2008) | トップページ | 温泉サギ師~湯けむり、グルメ、やっちゃうからあ!(1986) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/41599034

この記事へのトラックバック一覧です: 文学賞殺人事件 大いなる助走 (1989):

« 神様のパズル (2008) | トップページ | 温泉サギ師~湯けむり、グルメ、やっちゃうからあ!(1986) »