« Bohachi Bushido: Code of the Forgotten Eight (1973) | トップページ | 〈新しい太陽の書〉読本 »

2008-06-09

すいばれ一家 男になりたい (1971)

2222 監督:鈴木則文 主演:山城新伍 シネマヴェーラ渋谷にて。

 多くの人の協力を得てついに実現した『すいばれ一家 男になりたい』ニュープリント上映。個人的にはこうやってファンの力でニュープリントを焼くことは必ずしも正しいこととは思わないんだけど、そうであろうと時にはやらずにはいられないときもある。矛盾しているけど、人間とはそういうものだ。

 本作は山城新伍の初主演作。なんせ監督御自身も初号以来一度も見ていないという幻の作品なので、いったいどんなものが出てくるのか戦々恐々だったのだが、かなりとんでもない映画だった。アナーキーな単発ギャグの積み重ねで、幻の傑作というよりは怪作というべきかもしれないが、やはり大いに笑う。宮園純子の「固めの杯」というギャグが強烈で、監督は「(宮園は)艶技が下手だから」とおっしゃっていたが、あまりエロ映画に出る女優ではないというだけでもう感動。よくこんな役やったなあ。あと、小池朝雄の寝室のセットがまるでブニュエルの映画のようですごかった。

 打ち上げでは中原昌也の二代目山城新伍(勝手に)襲名と内藤館主の東映買収計画が決定。あと、九月の金沢映画祭にちょっとばかり手を貸すことになった。金沢、すごいことになりそうだから、みんな行きましょう!

|

« Bohachi Bushido: Code of the Forgotten Eight (1973) | トップページ | 〈新しい太陽の書〉読本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/41477777

この記事へのトラックバック一覧です: すいばれ一家 男になりたい (1971):

« Bohachi Bushido: Code of the Forgotten Eight (1973) | トップページ | 〈新しい太陽の書〉読本 »