« 拷問者の影(新装版) | トップページ | クラッシュ »

2008-03-19

VHSカフルーシャ (2006)

Vhs 監督:ナジーブ・ベルカーディー 出演:モンセフ・カフルーシャ 公式サイト 草月ホールのアラブ映画祭2008にて鑑賞。

 カフルーシャはチュニジア第三の都市、スースに住む45歳のペンキ屋。だが、彼には夢があった。憧れのクリント・イーストウッドのような格好いいアクション映画を作るのだ! カフルーシャは近所のビデオ屋(結婚式の撮影が専門)を雇い、行商のおばさんやアル中の浮浪者を集めてアクション映画を自作自演する。最新作は『アラブのターザン』だ!

 これはチュニジア版『アメリカン・ムーヴィー』とでも言うべき映画に狂った馬鹿を追いかけるドキュメンタリーである。カフルーシャの“映画”にはもちろん特撮もスタントもなく、すべてカフルーシャの自作自演だ。はくせいのヤギと格闘するカフルーシャの姿を笑うのはたやすい。だがカフルーシャがやっていることはすべて本物である。走行中の車によじ登るヤキマ・カヌットばりの大スタント。血糊の必要なシーンになると自分の腕を切って血を垂らし、悪党がヒロインの家を襲うシーンでは本当に家に火をつけて駆けつけた消防車を撮影する! ほとんど狂気に近い執念。

 カフルーシャ曰く。「憧れの国はイタリアだね! イタリアは素晴らしい映画の大国だからね。クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、バッド・スペンサー……」それは全部マカロニ・ウェスタンだ! 映画の製作者たちは実際にカフルーシャの映画をイタリアに持って行くのだが……この顛末は泣けるよ。

 上映はもあと一回、23日(日)の11:30からドイツ文化会館でありますのでお見逃しなく。

|

« 拷問者の影(新装版) | トップページ | クラッシュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/40553032

この記事へのトラックバック一覧です: VHSカフルーシャ (2006):

« 拷問者の影(新装版) | トップページ | クラッシュ »