« 凶悪犯罪の歴史 ぶんか社文庫 | トップページ | ポストマン (2008) »

2008-02-05

Entering Hades

41fefhq19ol_aa240_  こんな凄い話があったんだねえ。

 1976年、オーストリア人のジャック・ウンターヴェーゲルは少女を殺害し、終身刑を受ける。獄中で彼はそれまでの人生を回顧した「煉獄(Fegefeuer oder die Reise ins Zuchthaus)」という本を出し、ベストセラーとなる。“文学者”ウンターヴェーゲルへの同情はあつまり、彼は1990年に仮釈放される。

 1990年、ウィーンで謎の娼婦連続殺害事件が起きた。文壇の寵児だったウンターヴェーゲルはラジオのレポーターとして恐怖に怯える娼婦たちを取材する。91年、ウンターヴェーゲルは取材のためにロサンジェルスを訪れる。そのころ、ロサンジェルスの警察は謎の娼婦連続殺人に頭をひねっていた……

 話としてはジャック・ヘンリー・アボットなんかの件と同じパターンなのだが、スケールがでかすぎる。オーストリアではその自伝も映画化されているし、「ジャック・ウンターヴェーゲルが逮捕された日(Der Tag, an dem sie Jack Unterweger fingen)」なんてタイトルの映画もあるようだ。

|

« 凶悪犯罪の歴史 ぶんか社文庫 | トップページ | ポストマン (2008) »

コメント

http://www.youtube.com/watch?v=XBW2ZO8Vrac
この曲のモデルの人ですな!

投稿: (株) | 2008-02-06 01:28

これですこれです。Falcoかっこいいなあ。

未成年の愛人をマイアミのストリップクラブで働かせるとか、マリサ・メルと文通するとか、すごい逸話がいくらもあるようですね。

投稿: garth | 2008-02-06 01:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/40007703

この記事へのトラックバック一覧です: Entering Hades:

« 凶悪犯罪の歴史 ぶんか社文庫 | トップページ | ポストマン (2008) »