« 『蒸気駆動の少年』発売記念トークイベント@オリオン書房ノルテ店 | トップページ | 凶悪犯罪の歴史 ぶんか社文庫 »

2008-01-27

Welt am Draht (1973)

Weltamdraht2 監督・脚本:ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー 出演:クラウス・レーヴィッチェ

 原作はダニエル・F・ガロイの『模造世界』。エメリッヒが作った『13F』と同じ原作に基づく(リメイクではない)。ファスビンダーがドイツのテレビ局で作ったSFドラマで、前後二回シリーズで四時間という代物。以前から見たいと思っていたのだが、最近ようやく入手できた。

 スーパーコンピュータでシミュレーション社会を作る実験をしていた研究所長ヴォルマーが急死した。後をついだスティラー(クラウス・レーヴィッチェ)の目の前で、警備局長ラウセが突然姿を消す。だが、ラウセなんていう人間は最初からいなかった、と研究所の人々は声を揃えるのである。

 SFXを使わない、いわば『アルファヴィル』タイプのSFなので、出てくるのは普通の街角。やたらと鏡を使いまくり、鏡の反射と実像で切り返したりするファスビンダー流の映像マジックが全開する。すべてが反射で実像は存在せず、人はつねに鏡や窓の枠の中に入っている。もちろんそれはこの物語が人造社会、人の作った模造世界の話だからである。

Weltamdraht_neu  物語自体は後半ただのアクションものになってしまい、主人公の実存不安まで行かないところが残念。広いカフェやオフィスを借り切って、人がいない中で延々と長回しの芝居を撮っているのを見ていると、なんとも贅沢な撮り方だな……という気がしてくるのは倒錯しているのだろうか。たぶん今ならCGを使って短いカットで細切れの映画を作る方が、はるかに安くあがってしまうはずだ。

|

« 『蒸気駆動の少年』発売記念トークイベント@オリオン書房ノルテ店 | トップページ | 凶悪犯罪の歴史 ぶんか社文庫 »

コメント

スピルバーグのAIも、やたらダグラスサーク級の鏡や窓越しのカットが多かったですね。

投稿: どれみ | 2008-02-01 00:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/17866265

この記事へのトラックバック一覧です: Welt am Draht (1973):

« 『蒸気駆動の少年』発売記念トークイベント@オリオン書房ノルテ店 | トップページ | 凶悪犯罪の歴史 ぶんか社文庫 »