« 2007年映画ベスト10 | トップページ | すみれ人形 (2007) »

2008-01-22

銀色のシーズン (2008)

0_36858300_1175791450 監督:羽住英一郎 出演;瑛太、田中麗奈 公式サイト

これ、実際に見ないかぎりとうてい信じられないような物語。そういうわけなんでネタバレします。 嫌な人は読まないでください。



 さて、瑛太が演じているのはモーグルの元ワールドカップ選手だったが、ジャンプの失敗で大怪我を負って以来競技を離れてゲレンデで当たり屋をやってい る山猿雪猿。彼の住む桃山村は村おこしのために氷ブロックでチャペルを建て、「ホワイトウェディング」として売り出そうとしている。ホワイ トウェディング第一号としてやってきたのが田中麗奈。スキーマニアの婚約者が申しこんだというのだが、自分は雪を見るのもはじめて。えっちらおっちら下手 くそな練習してるところを瑛太に目をつけられ、個人レッスンを受けることになる。

 さて、そんなある日、白馬の山頂からスキーで滑りたいと思った瑛太は、バズーカ砲(!)を取り出して向かいの山に向けて射撃する。表層雪崩を起こして、そのあとを滑ろうとい う寸法だ。だが、その弾は見事氷のチャペルに命中! チャペルは崩壊して結婚式はできなくなってしまう。村人たちは慌てて田中麗奈の実家に連絡するが、実 は田中麗奈の婚約者は半年前に死んでいたことが判明する。田中麗奈は「すいませんでした…」と大金置いて姿を消す。

 最後は瑛太が隣のスキー場で開かれた大会に参加し、飛び入りで滑って転けてでも立ち上がって (半年前に死んだ婚約者が忘れられず偽の結婚式までしようとした)田中麗奈とラブラブになっておしまい。いやーすごかった。ちなみに瑛太が自分が破壊した チャペルに行って、直すのかと思ったら残骸の氷レンガを投げ捨てたのには笑った。村おこしの費用がすべてパーになってしかもキャンセル料その他で大 借金を背負ったであろう桃山村が倒産するのは間違いないことでしょう。

|

« 2007年映画ベスト10 | トップページ | すみれ人形 (2007) »

コメント

2chから来ますた。
記事の内容に間違いが多々あるので重箱の隅をツンツン。

1)桃山村⇒桃山町
2)ゲレンデで当たり屋をやっている雪猿⇒金に困って当たり屋を始めた(過去に当たり屋をやった経験あり)雪猿
3)氷ブロックでチャペル⇒画面でどのように見えようが、設定は「雪の教会」です(笑
4)バズーカ砲⇒劇中の設定は「雪崩砲」。実際の欧米のスキー場では榴弾砲や迫撃砲を使っています。
※バズーカとは携帯式のロケットランチャーの一種で、「砲」ではありません。
5)その弾は見事氷のチャペルに命中!⇒雪崩砲の砲弾が山頂近くに命中して起きた雪崩によって雪の教会は破壊される。
6)田中麗奈の実家に連絡する⇒七海たちの結婚式の参列者達に次々と電話連絡をした(設定上は実家ではない)
7)大会に参加し、飛び入りで滑って⇒スキー連盟から毎年大会出場の招待状が来ていたが、銀はずっと無視していた

いや~、素晴らしい。さすが映画評論家。
独自の視点でストーリーまで書き直す斬新さ。
上記7箇所は映画をしっかり観ていれば、台詞や画面の中に出てくるものばかりなんですがねぇ~。

このコメントも、何の反論もなく削除されるんでしょうか?
2chスレから、生暖かく見守らせてもらいまひょ♪

投稿: 通りすがり1号 | 2008-01-23 03:00

意外と真面目なんですね。 >1号
正常位だけだと、パートナーに飽きられますよww

投稿: 通りすがり2号 | 2008-01-23 05:14

わざわざ遠方よりはるばるどうも。

4)バズーカ砲⇒劇中の設定は「雪崩砲」。実際の欧米のスキー場では榴弾砲や迫撃砲を使っています。
※バズーカとは携帯式のロケットランチャーの一種で、「砲」ではありません。

はいはい。ここだけは誰かに突っ込まれると思っていました。なんと呼べばいいのかわからなかったもので。ご指摘に感謝いたします。榴弾砲と呼べばいいのですかね、あれは? それも正確ではないような気がしますが。

今後とも精進させていただきますので、よろしくご贔屓のほど。

投稿: garth | 2008-01-23 11:11

突っ込み部分を全て考慮に入れても映画自体のトンデモ度はなんら低減しないと私は思いますけどね。

投稿: kamikitazawa | 2008-01-23 14:20

>氷ブロックでチャペル⇒画面でどのように見えようが、設定は「雪の教会」です(笑

本編を未見なのでどういう構造か知りませんが、少なくとも雪を素材にしたもので屋根付き作ろうとしたら、(表面と内部の)硬度が不均衡になって圧壊してしまうのを避けるために、
通常は骨組み組んで氷ブロックを積んで、最後に削ってレイアウト整えるもんなんですけどね。固めるのに水だと、浸透に限界があるし、均一に固まってないから細かい彫刻が出来ない。雪をコーティングして白く見せるんだとか。
(札幌雪祭りに出向した)自衛隊の従兄弟に聞いた話ですけど。

ところで柳下さんの最終学歴を御存知ですか? 通りすがり1号さん。

投稿: 冬の蠅 | 2008-01-23 14:21

> 柳下さんの最終学歴を御存知ですか?

あれ、構造や建設材料の単位はちゃんととったん
だっけ?(ぼくは構造は落としてしまったよ)

投稿: 山形 | 2008-01-23 15:46

>あれ、構造や建設材料の単位はちゃんととったん
>だっけ?(ぼくは構造は落としてしまったよ)

失敬な! ちゃんと取りましたよ。一応ぼくだって菊川怜レベルには建築のことがわかるんです。

なお、秘宝の田野辺くんに相談してみた結果、あれは「高射砲」と言ってしまっていいらしいことがわかりました。そういうわけなんで「高射砲で向かいの山を撃つ」に訂正して謝罪させていただきます。

投稿: garth | 2008-01-23 20:38

コメントもちゃんと残していただいてるので、感謝の印にネタバレを一つ。
雪の教会は本編を見ればわかるとおり本体は発泡スチロール製です。
柱は氷風に作ったプラスチック。
本体を組み上げ粉を噴きつけ、雪はザルで漉して落とすと粉雪になるって寸法。
教会のまわりには人力で雪を運び込み、背景の雪はCG合成。
瀬戸さんが教会を見に来たときの丘の雪も全部CG合成。

あらすじは自分でも失笑を禁じえないが、それでもなお本編を見ていないのにさも見てきたようにいろいろ書くのは現場で汗を流したスタッフにも失礼かと思いますよ。
自腹で金払って見た後に批評するなら、それはそれで飯の種ですから良いと思うんですがね。
でも最初に書いたように間違いは間違い。
批評家として飯を喰うプロなら、せめてその辺は正確に見てほしいっすね。

投稿: 通りすがり1号 | 2008-01-24 02:43

上のコメントで訂正を一つ。
>本編を見ていないのにさも見てきたようにいろいろ書く
本編を見ていないとコメントしていたのは別の人でしたね。

上のコメントで下記の部分は訂正・削除させていただきます。
<<それでもなお本編を見ていないのにさも見てきたようにいろいろ書くのは現場で汗を流したスタッフにも失礼かと思いますよ。
自腹で金払って見た後に批評するなら、それはそれで飯の種ですから良いと思うんですがね。>> ここまで削除します。失礼しました。

投稿: 通りすがり1号 | 2008-01-24 02:51

通りすがり1号 のよろけ具合は、
フィクションの田中麗奈を超えてますが
日常生活はだいじょぶっすか?
別に心配してませんがw

投稿: 炭鉱夫 | 2008-01-24 15:41

通りすがり1号さんのボケっぷりはいいね。
高卒の僕と組んでM-1を目指さないか(笑)。

投稿: 通りすが郎 | 2008-01-25 12:32

つまり1号さんて方は、
「あんた観もしないで悪口書いたろうッ!」
ト決め付けたかった、ってことなんですかね?

投稿: kamikitazawa | 2008-01-26 12:23

>「あんた観もしないで悪口書いたろうッ!」
>ト決め付けたかった、ってことなんですかね?

他人の制作物にケチつけて金を稼ぐしか能のない赤門卒のボンクラは、
せめて正確に伝えるべき部分は伝えないと単なる業界の寄生虫に
成り下がると言いたいだけさ。
つぶあんこの評論の評論と比べると便所の落書きだよな。

投稿: 通りすがり1号 | 2008-01-27 02:18

前半はよく解かりましたが(賛同するという意味ではないですよ念の為)最後の、

>つぶあんこの評論の評論と比べると

って部分がまったくイミ解かりません。
だいたい<の評論の評論>て言い回しスゴ過ぎ。
最近2ちゃんで流行ってるの?

投稿: kamikitazawa | 2008-01-27 11:36

所詮2ちゃんでの情報を鵜呑みにするようなボケだよ。
そういう輩は殺せばいい。
ひろゆきの家に爆破テロでも起こしてやれば少しは目が覚めますよ。
冗談だけど。

投稿: ???? | 2008-01-27 12:30

>上のコメントで訂正を一つ。
>本編を見ていないのにさも見てきたようにいろいろ書く
本編を見ていないとコメントしていたのは別の人でしたね。

(必要は無かったのかもしれませんが)弁護のつもりが、余計に掻き回してしまったようですね。
すいません、柳下さん。
ただ、(柳下さんはあくまで設定の上で、つまり「町おこしで実際に作ったとしたらどういう構造になるか」を念頭に置いたからこそ「氷のチャペル」と例えているのに)通りすがり1号さんのミソの付け方はあんまりじゃないかと思ったものですから、「そこ、突っ込むところじゃないだろう?」と、つい……
ゴメンなさいね。

投稿: 冬の蠅 | 2008-01-27 13:41

>通りすがりの1号さん
通りすがりの1号さんが柳下さんが大嫌いなのはわかりました。
何らかの理由があって柳下さんに対して反抗したいんでしょうね。それを2ちゃんでは何とか病とかいうそうですが。
とりあえず盗んだバイクで走りだしたりしないで下さいね。

投稿: 通りすが郎 | 2008-01-27 23:32

663 :名無シネマさん:2008/01/28(月) 14:34:15 ID:2Ui9v/mh
>>642
>柳下は笑わしてるんじゃなくて笑われてることに気づいて欲しいよ。

柳下はヤクザ映画やチンピラ映画やエログロ映画の落書きだけしてれば
良かったのに、他のジャンルにまで手を出して墓穴堀まくりだからなー。
こいつ、東大卒業ってマジなのか?
東京大学ぢゃなくて、東洋大学中退とか東京大学予備校出身とか、
そんな程度の文才にしか読めないんだよな。

668 :名無シネマさん:2008/01/28(月) 17:52:33 ID:pyr94iZV
>>667
柳下もその取り巻きもキチガイということが良く分かる。
柳下ってのはキチガイに囲まれてオナニーするのが余程好きなんだかw

所詮こいつらはビッグマウスだけが取り柄なのな。

投稿: 柳の下のゴキブリ | 2008-01-28 18:02

2ちゃんねるで知った、とはお書きになってますが、通りすがり1号さんは映画を作った人たちの一人なんですか?

きちんと間違いを指摘しており、柳下さんの評論に対する批判の体をなしていると思います。ただ、ご自分でも、「あらすじは自分でも失笑を禁じえない」というあたりに、なんか哀しみを感じました。

これが生産的な対話までなっていけばいいのですが・・・

---------------
にしても、みんな大学の話が好きだなあ。

投稿: 五歳児の父 | 2008-01-29 11:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/17780823

この記事へのトラックバック一覧です: 銀色のシーズン (2008):

» 「銀色のシーズン」 来年の今頃には [映画コンサルタント日記]
上映スクリーン数: 266 オープニング土日祝興収: 2.8億円「バブルへGO! [続きを読む]

受信: 2008-01-23 23:41

« 2007年映画ベスト10 | トップページ | すみれ人形 (2007) »