« Sayuki Matsumoto in Hideo Azuma's "Chocolate Derringer" | トップページ | あけましておめでとうございます »

2007-12-27

日本映画縛り首大賞

『映画秘宝』で好評連載中の「日本映画縛り首」で、年末を迎えるにあたって今年のワースト邦画を決めようということになった。少なくとも『週刊文春』の「きいちご賞」よりはきちんと(駄目)邦画を見ている自信がある我々だが、激論の末決定した本年度最悪邦画ノミネートは以下の通り。

第1回 はくさい映画賞(田野辺尚人命名) ノミネート作品

[最低作品賞]

  • 『大日本人』
  • 『ミッドナイト イーグル』
  • 『どろろ』
  • 『恋空』
  • 『ラストラブ』

[最低監督賞]

  • 原田眞人(『伝染歌』『魍魎の匣』)
  • 行定勲(『遠くの空に消えた』『クローズド・ノート』)
  • 塩田明彦(『どろろ』)
  • 愚・スーヨン(『THE 焼肉 MOVIE プルコギ』)
  • 北野武(『監督・ばんざい!』)

[最低主演男優賞]

  • 大沢たかお(『ミッドナイト イーグル』『Life~天国で君に逢えたら』)
  • 田村正和(『ラストラブ』)
  • 織田裕二(『椿三十郎』)
  • 堤真一(『ALWAYS 続・三丁目の夕日』『魍魎の匣』)
  • 松田龍平(『THE 焼肉 MOVIE プルコギ』『伝染歌』)

[最低主演女優賞]

  • 伊東美咲(『ラストラブ』『Life~天国で君に逢えたら』)
  • 竹内結子(『ミッドナイト イーグル』『クローズド・ノート』『サイドカーに犬』)
  • 柴咲コウ(『どろろ』『舞妓Haaaan!!!』)
  • 黒木瞳(『怪談』『魍魎の匣』)
  • 安藤サクラ(『風の外側』)

[最低助演男優賞]

  • 高橋ジョージ(『恋空』)
  • 石黒賢(『未来予想図』『ミッドナイト イーグル』)
  • 伊勢谷友介(『伝染歌』『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』)
  • チャン・チェン(『遠くの空に消えた』)
  • 津川雅彦(『蒼き狼 地果て海尽きるまで』)

[最低助演女優賞]

  • もたいまさこ(『めがね』)
  • 木村佳乃(『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『伝染歌』)
  • 桃井かおり(『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』)
  • 長谷川京子(『愛の流刑地』)
  • 鈴木杏(『監督・ばんざい!』『椿三十郎』)

 厳しい競争を負けぬいたより抜きのノミネートから、最悪映画に選ばれるのはいったいどれなのか!? 受賞作は2008年1月21日発売の『映画秘宝』3月号で発表!

|

« Sayuki Matsumoto in Hideo Azuma's "Chocolate Derringer" | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

厳しい競争を負けぬいたより抜きのノミネート<めちゃくちゃ、笑いました。
個人的には作品、監督、主演男優の三冠王は「大日本人」と松本人志で決まりだと思います。(監督、主演男優にはノミネートされてないけど)
松本カントクのイタい発言の数々も味わい深かったです。

投稿: m | 2007-12-27 17:04

遠くの空~は観てないですけど、チャン・チェンはそんなに酷かったのですか?
特別出演とあるし、出番も短そうなのに。
逆に観てみたいような観たくないような。

投稿: あき | 2007-12-28 16:09

申し訳ありません。こちらに書くのも何ですが・・。大矢さん、洋泉社を退職されたのですね。
かなり、ショックでした。

上記ご記述で、田野辺さんは、まだ、何らかの形で秘宝編集部に関わってらっしゃるようで、少し安心しましたが、ムック時代の編集者お3人とも、編集部にいなくなるとは・・。

でも、雑誌編集というお仕事も、若くて元気なうちにやる、お仕事なのですね。若手のみなさんで、頑張ってくださることを、祈ります。

投稿: 岡田けんいち | 2007-12-28 18:03

じゃあ『どろろ』で。
ウチの地元では児童図書の漫画棚に堂々と置いてありましたけどね、
一体何が直訳を憚らせるんでしょうか?
(というか、今時は何処の図書館も『手塚治虫漫画全集』くらい置いてるはずだと思いますが)

漫画も読めないような小さい子に配慮したのか?
けど、例えば私なんかは5歳くらいに(コメディだけど)“『ゴーストバスターズ』のオープニングでさえ”ひきつけ起しましたから、
気を使っても仕方がないと思います。
塩田監督は出来る人の筈なんだから、(裁量に限度があるのは理解しますけど)やっちゃえばいいのになぁ……

投稿: 冬の蠅 | 2007-12-29 15:19

いやあこうして見ると、
「今年もこんなヒドい映画があったよアハハとお祭り」
というより、
「日本映画界の現状そのものに〝No!〟を叩き付ける!」
みたくなってますねぇ。非常にマジメな感じすらあるもんなぁ。いや確かに現状が現状ですからそうなるのも当然なんでしょうが。

投稿: kamikitazawa | 2007-12-30 02:20

ところで柳下さん、海外ドラマの「LOST」についてどう思いますか?
何かとあるサイトでは柳下さんが絶賛していたと書いておりましたが自分ではどうも信じられないのですが・・・・・。

投稿: かげろう | 2007-12-30 02:34

>チャン・チェン
まあ『遠くの空に消えた』のあまりに酷さに引きずられたというか。チェン・チェンには罪はないと思うのですが、「あのチャン・チェンがこんなことに!」という衝撃ゆえにノミネートとなりました。もちろん演技がいいわけでもなんでもないです。

>『LOST』
見てないです。誰か別な人と勘違いしてるんじゃないかなあ。

投稿: garth | 2007-12-30 03:31

「日本映画縛り首」って、何人くらいの選考員がいるんですか?
映画秘宝全体とは違う?

投稿: もりもと | 2008-01-25 22:34

遠くの本屋まで行って拝見致しましたが、3人の座談会でやっておられたんですか。
以下のコメントは江戸木純氏にお伝えいただくよう、お願い致します。

作品賞については、まあ分かるものもありましたが、
個人賞は江戸木純氏の発言に関してはかなり疑問の多いものでしたね。
田村正和を選ぶ「気持ち」は分かりますが、理由が幼稚でした。あれは年齢不相応な芝居をしようとしている所が問題なだけであって基本的に演技が下手な訳ではなく、それを「演技が国宝級に下手」などというプロとは思えない幼稚な表現をするとは驚きでした。
まして竹内結子なんて、決して賞を取りやすくない系列の役で4つもの主演女優賞を獲得、取っていない賞でも僅差の2位など、「一部」ではなく「広い範囲」から高く評価され、キネ旬では他の2作分もいくらかは評価され、それをただ単に下手とか浅いとかしか書かないのは、感情むき出しで、明らかに評論家としての信用を失いましたね。彼女のことが嫌いなのは分かりましたが、江戸木氏の感性の鈍さ、センスのなさと、見苦しい負け犬の遠吠えを見せられたようにしか思えません。恣意的バイアスで評論を書くのは評論家失格ですし、大多数の評価に反論するなら、せめて丁寧な論証をするのが義務でしょう。
また石黒賢も実力はありますよね。役柄によってきちんと空気を変えられますしね。
「どれも似た演技に見える」という言い方は個人の主観の問題だということを知らないというのは、プロとして失格でしょう。どんな名優でも、ホフマンでもデニーロでも、同じ人間としての癖は全ての役で出ます。あとはそれを好きか嫌いかの問題だけです。好きな癖はそう感じなく、嫌いな癖はそう感じる、というごく基本的なことを。

国宝級に下手で浅くてヒドイのは、江戸木純氏の評論の方ですね。
あっ、あれは評論とは呼べないか。

江戸木純氏について批判しましたが、どんなジャンルでも評論家を名乗る以上、
この程度ではまだ生ぬるい方だということをお忘れいただきたくないですね。
江戸木純氏に批判された映画人達は反論すらしていない訳で、
プロの評論家ならこの程度の批判を受け容れられなくてはいけませんね。

投稿: もりもと | 2008-01-26 19:43

 はじめましてライスです。このノミネートがちょっと気になったもので。

 ノミネート見る限り、メジャーな作品、話題の人をとりあえずピックアップして評価を落とした、としか見えませんね。(沢尻さんは入ってないけど)
 本当にたくさんの映画を見ていらっしゃるならなぜマイナーな作品、俳優たちはノミネートされないのですか?マイナーなものにはノミネートするものがない、ということですか?もしマイナーなものを落としても話題性に乏しい、というならば、評価は逆になっているかもしれませんが、やっていることは他と同じです。

 メジャー系の評価を落とす、そうすることで「自分たちは一般人とは違う、映画を知っている評論家なんだ」と言い、「日本の映画界に一石を投じている」と思いたがっているようにしか見えないのですが。

 ノミネートを見ただけでここまで書いてしまったので、とりあえずは見てみます。ただしもりもとさんの書き込みを見る限り、かなりの批判を持ちそうです。中途半端な批評では許せないと思います。

 映画評論家の中には、自分の考えを批評する投稿がされると削除される方がいるらしいのですが、やめてもらいたいですね。批評はきちんと受け止めて戴きたいものです。あなた方も批評をしているのですから。

 

投稿: ライス | 2008-01-27 00:08

 読ませていただきました。

 作品賞に関しては、それのワーストコーナーでも詳しく書かれているのでまだ納得できました。
 でも個人賞の論評はひどいものでしたね。スペースの関係もあるかもしれませんが、ほとんどのノミネート俳優にたいした「下手」「浅い」「同じようにしか見えない」という、みなほとんど同じで、それだけの意見でしたね。その程度のことはど素人でも言えます、その意見そのものが「浅い」気がしました。もりもとさんのおっしゃっているように、映画でかなりの評価をいただいた方もノミネートしているわけですから、なおさらもう少しどの辺がどう下手なのか、などを詳しく論拠するべきではないでしょうか。

投稿: ライス | 2008-02-04 01:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/17490425

この記事へのトラックバック一覧です: 日本映画縛り首大賞:

« Sayuki Matsumoto in Hideo Azuma's "Chocolate Derringer" | トップページ | あけましておめでとうございます »