« What is it ? (2005) | トップページ | マリッジリング (2007) »

2007-12-11

国辱ってのはこういうことさ

Midnighteagle  ただいま『ミッドナイト・イーグル』がLAで公開中。Los Angeles Timesには映画評も載ってます。

This is a stupor-inducing, would-be thriller from Japan whose sporadic action and inept storytelling is as generic as its title. Based on a reportedly popular novel by Tetsuo Takashima, the film patches together a plot so faux it would be laughable if the whole thing wasn't so terribly humorless. A photojournalist who witness the crash of a U.S. stealth plane and is embroiled in the search for its lethal payload and the global implications that accompany it.

スリラーと称する眠くなるような日本映画で、思い出したように起こるアクション・シーンとぎくしゃくした語りは凡庸なタイトル同様退屈きわまりない。タカシマ・テツオのベストセラー(らしい)を原作にした物語はあまりに嘘くさく、映画にユーモアのかけらでもあれば立派なコメディになって いただろう……

「邦画史上最大スケールの本格山岳サスペンス・アクション」か……

|

« What is it ? (2005) | トップページ | マリッジリング (2007) »

コメント

今までで一番よく眠れた映画です。

投稿: ヒノキオ | 2007-12-12 04:03

秘宝での攻撃を期待しております。

投稿: tetu | 2007-12-12 21:42

テズモント・バグリィがやりたいとか、
そういう系統なんでしょうか?
それとも『北壁の死闘』みたいな?

投稿: 冬の蠅 | 2007-12-14 18:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/17336854

この記事へのトラックバック一覧です: 国辱ってのはこういうことさ:

» [映画から遠く離れて]映画批評は待望されているのか? [躁うつ病高齢ニートの映画・TV・床屋政談日誌]
既に11日(火)に書かれたエントリですが。佐々木浩久監督のブログより。 映画界の話をすると腐ったような話題を多く聞くようになったのは正直辛いがそういう時代と思って割り切っていくしかないのだろうか?日本映画は確実に病んでいる。2極化はますます進み、肥大する... [続きを読む]

受信: 2007-12-15 03:12

« What is it ? (2005) | トップページ | マリッジリング (2007) »