« 堕靡泥の星 美少女狩り | トップページ | 『ファーストフード・ネイション』 (2006) »

2007-11-28

ALWAYS 続三丁目の夕日 (2007)

 人間ドックで生まれてはじめて胃カメラを飲んできたのだが、恐れていたほどきつくはなかった。鎮静剤を入れてもらったおかげでほとんど寝ていたからである。薬が抜けきらないでぼーっとした頭のまま、ユナイテッドシネマ豊洲で『ALWAYS 続三丁目の夕日』を見たのだが、どうもそのくらいでちょうどよかったような気がする。前作は見て 発狂しそうになるくらい怒り狂ったわけだが、頭に麻酔をかけていたおかげで今度はそれほどでもなかった。

 とは言っても別に面白かったわけではないが。

 今回、頭がくらくらしたのはクライマックスとなる茶川龍之介(吉岡秀隆)の芥川賞待機宴会のシーンで、まあ待機宴会ってああいうもんじゃないよと かそういう突っ込みはメッタ斬りの人々にまかせるとしても、そこで待っていた人々が次々に本を取り出して「すごくいい話なんだ!」「オレは三回読んで、三 回泣いた!」「すんごく心がじんとすますたわあ」とか口々に言うシーン、どいつもこいつも「素晴らしい」とか「泣けた」とか抽象的な誉め言葉を言うだけで 具体的にどんな話しなのかちっともわからない。どうしようもねえな。だいたい文学は「泣ける映画」じゃねえだろ……と思っていたが違う!この山崎なんとかは描写すべきじゃないところまですべてセリフ で説明しないと気が済まない脳が麻痺した人なのだった! というのはそこでカットバックしてその本を開く車中の小雪のシーンになって、小雪がページを開い て読み出すとタイトルは『踊り子』という。おいおいと思う間もなく吉岡くんの朗読がかぶさって「……逢いたい、ただひたすらきみに逢いたい……」おめーそ れただのエッセイだろ! それが芥川賞候補作かよふざけんなこら。そんなもん文藝賞の一次選考も通らねえよ!

 だいたい茶川龍之介ってペンネーム使ってる時点で芥川賞候補にはならないよ!

|

« 堕靡泥の星 美少女狩り | トップページ | 『ファーストフード・ネイション』 (2006) »

コメント

ALWAYS気持ち悪いですね。昭和30年物ですと、たけしの「点と線」が小説より良かったのではないですか?今度は「45歳以上の日本国民必見!」の佐々部監督(デ・パルマ好きということですが・・・)をよろしくです。

投稿: ひろき | 2007-11-28 20:31

 いま、まともな感性を持ち合わせていたら、たいがいの日本映画と韓国映画には気が狂いますよ。しかも、クライマックスでまんまと泣いているバカ女がいて、殺意を感じます。命拾いしていることに気付いてほしいものです。お願いできませんか、「人生最悪映画」本。

投稿: 樋口毅宏 | 2007-11-29 00:06

こんにちは。
私も「続 三丁目の夕日」を見てきました。
いい映画でした。

投稿: kemukemu | 2007-12-30 18:34

いい映画じゃないか。
あんたの頭の方が麻痺してるんじゃないかな。
これで泣けない大人なんてスイーツ脳だな(爆

投稿: ## | 2008-01-25 15:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/17212570

この記事へのトラックバック一覧です: ALWAYS 続三丁目の夕日 (2007):

» 三丁目の夕日の昭和ロマンCG【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】 [三丁目の夕日の昭和ロマンCG【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】 ]
三丁目の夕日のCGは主役【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】三丁目の夕日映画でのCGが映像化した東京の風景は現在の東京の姿とあまりにも違うことに視覚を通して気づかせます。東京タワーの真下の下町が主たる舞台ですが、現在のその町を知るだけに、40年間で変わった...... [続きを読む]

受信: 2007-12-01 22:46

« 堕靡泥の星 美少女狩り | トップページ | 『ファーストフード・ネイション』 (2006) »