« 恋空 (2007) | トップページ | 「グラインドハウス A GO GO!」トーク »

2007-11-15

ベオウルフ/呪われし勇者 (2007)

623213608_253 公式サイト 12/1公開

どんなものかなあ……とあまり高い期待は抱かず見に行ったのだが、思いの外面白かった。これで監督がピーター・ジャクソンなら傑作になったのではないだろうか。いや監督ゼメキスのままでも、あの気持ち悪いCGでさえなければ……いやそれは言うまい。

その功績は一に脚本(ニール・ゲイマン&ロジャー・エイヴァリー)のおかげだ。てっきりエイヴァリーが骨子を作って、そこにゲイマンがセリフ回し やら神話的彩りをつけたものだと思っていたが、プロダクション・ノートを読むかぎり、どうやら話のメイン・アイデアもゲイマンのもので、エイヴァリーは清 書しただけらしい。すげえなゲイマン。

プレスの表紙にまでなっていてすっかり主演みたいなアンジェリーナ・ジョリーはもちろんはまり役。ていうかこの役はどう見てもアテ書き。あとクリ スピン・グローヴァーもアテ書き。まあそれはいいんだが、最後までジョリーの役が「グレンデルの母」でしかなく、名前がついてないのはいかがなものか。嘘でもいいから名前ぐらいつけとけ、と。

|

« 恋空 (2007) | トップページ | 「グラインドハウス A GO GO!」トーク »

コメント

>気持ち悪いCGでさえなければ……
「ポーラエクスプレス」のときもそう思ったけど、3D版を観たら(CG込みで)大傑作だったので、今回も3Dが本命では。
完成がギリギリだったようで、ゲイマンも「3D版のほうは公開日まで観られそうにない」ってぼやいてました。
ところで日本では3Dで公開してくれるのか?

投稿: あつし | 2007-11-15 20:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/17080399

この記事へのトラックバック一覧です: ベオウルフ/呪われし勇者 (2007):

« 恋空 (2007) | トップページ | 「グラインドハウス A GO GO!」トーク »