« 高麗葬 (1963) | トップページ | いのちの食べかた (2005) »

2007-10-22

ビデオ判定なんかいらない

Bf57af8abb5048990c0f4758a97ff6df  ラグビー・ワールドカップ決勝戦だが、イングランドは残念だった。後半入ってすぐのトライがビデオ判定で取り消されなければ、勝敗はどっちに転んでいたかわからなかっ たのに。安全第一の南アよりも、イングランドの方がはるかに魅力的なラグビーをしていた。すばらしい集中力を見せつけていたウィルキンソンに勝たせてやりたかった。

 今日のMLB アメリカン・リーグの優勝決定戦、5回にレッドソックスのレフトのラミレスがフェンスからのクッションボールをノーバウンドで素手で受けて二塁に送球、アウトにする凄いプレーがあった。まさにメジャー級のスーパープレー。

 だが、テレビのリプレイを見ると、どうもあれはセーフだっぽい。たぶんビデオのリプレイ判定があったらセーフになってたと思う。

 でも、あれはベースボール的にはアウトで正しいんだと思う。ラミレスのスーパープレーを見た瞬間に、球場全体がこれはアウトだな、と思ったんだか ら。プレーの美しさの前では公平性など何ほどのことか。公平性を求めてビデオ・リプレイを導入すると、プレーの衝撃がどんどん弱まってしまう。ワールド カップ決勝だって、その前のイングランドの13番の素晴らしい突破と、ウィルキンソンの見事なタップ・パスを見た瞬間に、みなこれでトラ イと思ったはずなのだ。だったら、それでいいじゃないか。

 ビデオ判定はスポーツをつまらなくする。公平性がなんだ。公平であることなんかよりも、もっと重要なことがスポーツにはある。どうかフットボールにだけはビデオ判定が導入されませんように。

|

« 高麗葬 (1963) | トップページ | いのちの食べかた (2005) »

コメント

却って大輪の花を咲かせない方がプレーの美しさを際立たせたりしますけど(「“真の勝者”はお前だ!!」的な)、
それは悲劇を好む(観客の)身勝手な趣味なのかもしれませんから、
やはりできるだけ選手にはオリーブ(叡智と勇気の)の冠=勝利を頂いて欲しいものですね。

投稿: 冬の蠅 | 2007-10-23 15:34

海の向こうではスポーツ賭博というものがあるので、揉めたときにビデオ引っ張り出してでも正確判定しないと、後で審判が(大損して頭に血が上ったDQN等に)撃ち殺されるとか起きるんですよ。
# まぁ撃ち殺されるとかは冗談ですけど。

投稿: mmasuda | 2007-10-24 10:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/16841146

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオ判定なんかいらない:

« 高麗葬 (1963) | トップページ | いのちの食べかた (2005) »