« 極右と極左は通じあう | トップページ | 高麗葬 (1963) »

2007-10-20

スピルバーグとイーストウッドの10年

boidの樋口泰人氏と会って対談。実は〈エスクァイア〉の連載をまとめて、年末ぐらいにエスクァイア・マガジン社から単行本にしようという話があるの で、それに載せるためにおねがいした対談。およそここ10年ほどのアメリカ映画の動向についていろいろ話す。

んで結論は、やはりここ10年のアメリカ映画はスピルバーグとイーストウッドに尽きるということに。あと『デスプルーフ』がなんであんなに素晴らしいのか、なんとなくわかったような気がする。それとチャーリー・カウフマン問題。

問題は肝心の本の方で、スピルバーグもイーストウッドも全然論じてないってことだな。

|

« 極右と極左は通じあう | トップページ | 高麗葬 (1963) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スピルバーグとイーストウッドの10年:

« 極右と極左は通じあう | トップページ | 高麗葬 (1963) »