« 未来予想図 (2007) | トップページ | スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ (2007) »

2007-09-09

ポーランドの『氷の微笑』

144769  ポーランドでKrystian Balaという作家が逮捕されたのは2006年のことである。彼が2003年に発表したAmokという小説の中身が2000年に起きた実際の殺人事件に酷似していたということで逮捕されたのだ。犠牲者は半裸で拷問されたのち殺害され、オーデル川に捨てられていた。

 このときは小説の類似だけを手がかりにした見込み捜査の色が強く、反カトリック作家の弾圧だ!と国際的な救援運動が起こったりもした。Balaもほどなく釈放。ところがその後、Balaが犠牲者の持っていた携帯電話をebayで売っていたことなどが判明し、とうてい事件と無関係ではありえないとなったのである。Balaは再逮捕され、このほど禁固25年の有罪判決を受けたという(参考:zakzak)。

 要するに自分で殺人して(妻の浮気相手を殺した)、それを小説に書いてたってわけ。リアル『氷の微笑』! 読んでみたいなこの小説。

|

« 未来予想図 (2007) | トップページ | スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ (2007) »

コメント

初書き込みです。どうぞよろしく。
ポーランドのテレビで紹介されていたところによると、「Amok」はほとんどポルノグラフィで文学的価値はないとのこと。B級キワモノ好きの柳下さんにぴったりかも。
以下のページの(9/5晩)付け参照
http://mypage.odn.ne.jp/www/n/a/nagamimi/diary.html

投稿: しばた | 2007-09-25 14:18

私は、Krystian Balaと2年間お付き合いをしていました。韓国やフィリピンでの生活を一緒に送りました。信じられないでしょうが、私は一緒の時間を共に過ごした世界各国の女の一人です。
彼はとても優しくて、私に沢山の影響を与えてくれまたした。もちろんスキューバダイビングも楽しみました。amokも持っております。
私は、この事件は約2年前から聞いておりましたが真実だと知り大きなショックを受けております。

投稿: Q | 2007-09-30 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/16380417

この記事へのトラックバック一覧です: ポーランドの『氷の微笑』:

« 未来予想図 (2007) | トップページ | スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ (2007) »