« 理容店の女房 夜這い寝間 (2007) | トップページ | 神様で湯浴み »

2007-09-30

不倫中毒 官能のまどろみ(2007)

Yumi Yoshiyuki 監督 吉行由実 脚本 吉行由実、樫原辰郎 出演 薫桜子、なかみつせいじ ストーリー

 文芸雑誌〈さざなみ〉を舞台にした愛欲ドラマなのだが、〈さざなみ〉編集部として使われているのが実は洋泉社映画秘宝編集部。というわけでぼくも撮影 見学に行き、ついでにエキストラ出演までしてきた。見てみたらクレジットに名前が入っていてびっくり。ぼく自身は画面の隅の方にチラチラ写ってい るだけなので、さして目障りではないはずなのでご心配なく。

 映画は後半どんどんSMポルノっぽくなっていくのが興味深い。この物語では性の解放とヒロインの自己実現とが重ね合わされている のだけれど、これは吉行作品ではあまりなかったパターンのような気がする。吉行由実のヒロインって性を嫌悪するタイプが多かったように思えるのだ。その分、通常の ポルノに近づいているとも言えるのだが。正しくフェミニスティックなポルノ映画ではある。

|

« 理容店の女房 夜這い寝間 (2007) | トップページ | 神様で湯浴み »

コメント

柳下さん、尊敬してまーす!
あとついでに映画秘宝のボーイズの奴、なくなって残念です。
何で終わったのか不思議・・・・。

投稿: かげろう | 2007-10-02 01:55

あとついでに

ワイドショーでエリカ番長のあの憎たらしい姿をタマタマ見てしまったんですが、
エリカ番長の記者会見の態度はなんだったんでしょうか?あんなモノ食事中に見てしまったせいですっかり食欲をなくしてしまいました。なんだかお顔に硫酸かけて殺して死体埋めてあげたくなりました。

投稿: かげろう | 2007-10-03 00:08

↑欲求不満なの?
何で皆そんなに騒ぐのかわかんないよ、泣いて謝らなければならなかったほどの問題かなぁ?
アジャーニみたいに、カメラ奪って床に叩きつけるくらいのことしてくれてもよかったのに、と思うのは私だけ?
女優に芝居よりも、好感度や理想の女性像ばかり求める日本の国民性の方がむしろ問題かと。
上戸・堀北・相武…笑顔振りまく事ばかり一著前でそれしか能のないCMタレント達の方が、役者として、より罪深いと思うんですけど。

映画と関係ないコメント、すいません。

投稿: ぐろてすく | 2007-10-06 17:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/16617454

この記事へのトラックバック一覧です: 不倫中毒 官能のまどろみ(2007):

« 理容店の女房 夜這い寝間 (2007) | トップページ | 神様で湯浴み »