« ポーランドの『氷の微笑』 | トップページ | カナザワ映画祭2007 青いオトコの則文祭り »

2007-09-14

スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ (2007)

Sukiyaki_western__django_rgb 監督:三池崇史 主演:伊藤英明、伊勢谷友介他たくさん 公式サイト

 それで、これを見てしみじみ思ったのは、三池崇史には映画的教養がない。それはもう、ものの見事に何もない。まあそのこと自体は別にハ ンデでもなんでもなくて、三池は映画的教養など必要としない映画しか作らないからだ。だから、これがちっともマカロニ・ウェスタンではないとしても、三池 にマカロニ魂がかけらもなかったとしても、それはしょうがないことなのだろう。

 もうひとつ、しみじみ思うのは三池崇史の才能は徹頭徹尾破壊の才能だということである。構築はできないんだよね。だから三池のコメディ があまりに冴え渡っているにもかかわらず、馴染んだジャンル以外のことをやろうとするととたんに滅茶苦茶になってしまうのもそういうことだ(コメディはどうなんだ……と言われるかもしれないがコメディに必要なのは破 壊の才能なのである)。この映画の場合、無国籍で時代も定かでないSF設定、セリフはすべて英語に……と無意味な破壊は次から次へと繰り出してくるのだ が、ではその舞台での愛と死をいかに構築するか……という部分ではいきなり立ち止まってしまうわけである。

 ギャグに関してはさすがに冴えているところもあって、佐藤浩市が演じている清盛のキャラには悔しいけどちょっと笑ってしまった。「今日から俺はヘンリー だ。ヘンリーと呼べ!」とか。ただこれやってるのが佐藤浩市なんで……ちゃんと芸達者な人が演じてたらもうちょっと面白かったんじゃないのって気がするがね え。

 あとねえ、木村佳乃がねえ。もうほんの、これっぽっちでも色気があれば許せたんだが……この役に脱げない踊れない色気もない女優をキャスティングするのってどういうんだろうなあ。

|

« ポーランドの『氷の微笑』 | トップページ | カナザワ映画祭2007 青いオトコの則文祭り »

コメント

タランティーノの旦那はいかがでしたか?
役者で、人の映画に出ると、大抵スベってる
印象が強いのですが・・・

投稿: m | 2007-09-14 03:40

語るねぇ。
映画的教養ねぇ。
だいたいお前には教養そのものがないではないか。
社会はお前を必要としていない。
お前に向けられるものはせいぜいイタい者を見る好奇の目だ。
そろそろ気づけぇー。

投稿:  聰 | 2007-09-14 05:53

>聰さん
>だいたいお前には教養そのものがないではないか。
柳下氏は東○卒ですが教養ないんですか?
と、高卒の俺は思った。

投稿: 通りすがり | 2007-09-14 10:19

東●卒の柳下に嫉妬してブログを荒らす聰w
お前の方が痛いですよ。

投稿: ???? | 2007-09-14 11:13

東○卒とかいう問題じゃないんでは?

と、読解力のない私が書くw

投稿: イッコ上 | 2007-09-14 11:24

>東○卒とかいう問題じゃないんでは?
たしかにその通りですが、通りすがりさんは、聴さんへの理解の助けのひとつにでもなればと思って、そう言ったんだと思いますよ。

投稿: おれも高卒 | 2007-09-14 12:43

「聰」さんではなく「 聰」さんなのには、何か深い意味があるんでしょうか。教養がないので分かりません。

投稿: unko | 2007-09-14 21:54

原因は伊勢屋ではなかったのかぁ。

投稿: j.k.b. | 2007-09-14 23:14

監督自身が原因だっていうんですからさびしくなっちゃいますよねぇ。

投稿: kamikitazawa | 2007-09-17 16:01

三池に引導を渡したいなら
秘宝でそうすればいいと想います。
自己責任ですよ、
最初から下手だったのに持ち上げるから。
才能も無いのにその気になった本人が
一番可哀想です。

ジャンゴ、くそつまんなかったです。
クレしんや岡本喜八の
西部劇の失敗を繰り返しただけで、
失敗にも価値が無い。
過激でも無いから、
方々からあくびが洩れていました。

無意味な長回しに飽き飽きしました。
さんざん彼を持ち上げといて
今さら距離を置いてる評論家たちにも
呆れるばかりです。

三池を殺るなら今、柳下さんで、
と言うのが美しい形だと想います。

暴言失礼しました。

投稿: ヒノキオ | 2007-09-18 08:39

何で東●卒で嫉妬するなんて思うかなぁ(笑)
こんなことわざわざ言いたくないけど自分の親戚で東大なんて山ほどいるけど皆フツーですよ、教養とかそんなないです(苦笑。
東大卒だから教養あるだとか、そういった学歴を持つ人間に対する批判に嫉妬してるとか言ってる人たちの方がよっぽど学歴コンプレックスの塊なんだろうなぁ・・・。

投稿: かげろう | 2007-09-19 23:39

あれ・・・・・・・なんで3つも投稿されてるの・・・・・・・・・・・・・・??

投稿: かげろう | 2007-09-19 23:40

親戚で東大なんて山ほどいる、ねぇ……w

投稿: ケン | 2007-09-20 02:49

実際さうだから言ってるだけですって

投稿: かげろう | 2007-09-23 01:44

さうじゃなくてそうね・・・・

投稿: かげろう | 2007-09-23 01:51

この映画については柳下氏の評価にだいたい同意するが、柳下のくそったれはどうしてこんなに嫌われるのかいちど自分の胸に手をあてて考えてみるがいい。

投稿: poo | 2007-11-28 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/16419128

この記事へのトラックバック一覧です: スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ (2007):

» スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ(2007) 〜生卵は欧米の人的にはゲテモノらしい [EncycRopIdia 〜漫画・映画・書評・グルメなどなど]
 あらすじ  GIONSHOUJA NO KANE NO KOE……  流浪のガンマン(伊藤英明)がたどり着いたのは、半ば廃墟と化した山村だった。  かつて平家の落人たちが平和に暮らしていた日常はとうに崩壊し、今では言い伝えられている宝を巡って、&#..... [続きを読む]

受信: 2007-09-16 00:38

» 映画「デス・プルーフ in グラインドハウス」(2007年、米) [富久亭日乗]
★★★★☆  「キル・ビル」のクエンティン・タランテイーノが B級映画を模したカーアクションを撮った。 タランテイーノの映画は人によって評価が極端に異なるが、 この映画も然り。 原題は「Quentin Tarantino's Death Proof」。 「デス・プルーフ」というのは、スタントに使う「耐死仕様」の車だ。  「グラインドハウス」は、昔日本にもあったB級映画を 2、3本上映する映画館のことである。 この映画はアメリカなどでは 「プラネット・テラー」(ロバート・ロドリゲス監督)と合わせて、... [続きを読む]

受信: 2007-09-21 07:17

» スキヤキウエスタン ジャンゴ [映画雑談]
ちょっと真剣に遊びすぎでそれが重くなってしまったかな。 すべてをサムライに置き換えて成立する話を無理 [続きを読む]

受信: 2007-09-26 00:09

« ポーランドの『氷の微笑』 | トップページ | カナザワ映画祭2007 青いオトコの則文祭り »