« 山野浩一に取材 | トップページ | finetune »

2007-06-03

SPACロマン 静岡演劇篇

Isolation_2 SPAC社会講座「教育は劇場にあり!」@静岡芸術劇場

 静岡と言えば舞台芸術。というわけで演劇祭の関連企画に招かれて、宮城聡SPAC芸術総監督、塚本晋也監督とともにトーク。かなり支離滅裂でお恥ずかしいかぎりですが、塚本監督に助けられてなんとか終了。

 終了後、ニコラ・デュリューの「綿畑の孤独の中で」見る。「あなたの欲しいものを売ってあげましょう」というセールスマンと「おまえが何を売れるのか教えてくれ」と訊ねるお客との対話劇。おたがいになだめすかし、声をあらげ、相手の望みを知ろうとする。ベルナール・マリ=コルテスの戯曲が素晴らしい。ちょっとファスビンダーの戯曲を思い出す。
 日本平の舞台芸術公園、見晴らしも良く、シチュエーションは素晴らしい。今度はサッカーを見に来よう。

|

« 山野浩一に取材 | トップページ | finetune »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/15304252

この記事へのトラックバック一覧です: SPACロマン 静岡演劇篇:

« 山野浩一に取材 | トップページ | finetune »