« finetune | トップページ | 井土紀州取材 »

2007-06-07

中原昌也聖誕祭@LOFT+1

 大勢の御来場をいただき、ありがとうございました。
 とくに無理矢理舞台にあげて無料でメッタ斬りまでやっていただいたトヨザキ社長+大森望、洋泉社の田野辺くん、滝本誠さんには感謝の言葉もございません。
 ちなみにぼくからのプレゼントはTACOのビニール盤。持ってなかったそうで何より。

 最初はどうなることかと思ったけど、最後はなんとか格好がついて良かった……さすが世界のエンターテイナー中原。 

 読売新聞Pop Styleブログにお宝がアップされてますんで、雰囲気の一端なりと味わいたい方は是非。

|

« finetune | トップページ | 井土紀州取材 »

コメント

そこにあったのは無だった。無。紙資源を無駄に使った無。これはなんだろう? コメディではない。だって、ギャグはひとつもないし、ひとっかけらも笑えないんだから。でも人情ものでもない。中原氏がぶつぶつと呟いているのを何百ページと読ませられて、なんの人情を感じろというんだろうか? ファンタジー小説でもない。萌えるキャラクターのいない物語で何も起きないまま進んで終わる小説のなにが面白いのだろう? まさか、社会批評?

 そこには何もない。ただ、ひたすら空虚な時間が過ぎていく。読んでいるこっちはひたすら無感覚になっていく。なんせ怒りという唯一の反応さえも最初から封じられているのだ。それがノイズというものなのだろうか? でも、ノイズならいつでも消すとか音量ををしぼるという選択肢がある(ぼくはそもそもノイズなど聞かないのだが)。小説ではただ、ひたすらこの麻痺に耐えることしかできない。

投稿: 腹中 | 2007-06-12 11:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/15333098

この記事へのトラックバック一覧です: 中原昌也聖誕祭@LOFT+1:

« finetune | トップページ | 井土紀州取材 »