« タランティーノ取材 | トップページ | AV教育の重要性 »

2007-06-17

ナイト・オブ・ソーサー 性霊・魔女伝説 (1973)

 アテネ・フランセの〈ヨーロピアン・ホラーの夕べ〉に出かける。 示し合わせたわけでもないが、行ってみると中原昌也、篠崎誠、屑山屑男らトラマン軍団勢揃いだった。トラマン軍団の結束の強さを再確認。

 今日は二本見たけどお目当てはもちろんアマンド・デ・オッソリオ監督のコレ。てっきり「空飛ぶ円盤の夜」なのかと思ったら、saucerではなくsorcererだった! 中身は豹柄ビキニのおねーさんがスローモーションで襲ってくる話。あの人たち、たぶん『ニキータ』とか読んでいる。後を追いかけてくる艶女たち、分かれ道で隠れると、そのまま走っていっちゃったりする間抜けさがいとおかし。

|

« タランティーノ取材 | トップページ | AV教育の重要性 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナイト・オブ・ソーサー 性霊・魔女伝説 (1973):

« タランティーノ取材 | トップページ | AV教育の重要性 »