« AV教育の重要性 | トップページ | ヘザー・マタラッツィオという生き方 »

2007-06-21

貸間あり (1959)

 フィルムセンターで川島雄三特集。わが最愛の川島映画である。何度目かわからないけど、やっぱり大いに笑い、大いに感動する。これ、『めぞん一刻』だよなあ。というよりは、『めぞん一刻』はこのように映画化されるべきだった。

|

« AV教育の重要性 | トップページ | ヘザー・マタラッツィオという生き方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/15503157

この記事へのトラックバック一覧です: 貸間あり (1959):

« AV教育の重要性 | トップページ | ヘザー・マタラッツィオという生き方 »