« 『学校の階段』スペシャルトークショー | トップページ | 転校生 (2007) »

2007-05-15

吉祥天女 (2007)

監督・脚本 及川中  公式サイト
 
 ぼくの見たところ、この作品を改善するのはそれほど難しくない。再編集、それもごく簡単な編集を加えるだけである。具体的には最後の三十分をカットするだけでいい。一時 間半くらいのところで終わっていれば普通の駄作で済んだだろう。だがそれからあとの三十分間の蛇足につぐ蛇足のおかげで [原作の陵辱] [観客への侮辱] [最低最悪のダサさ] と罵られるような映画になってしまった。もう本当に見ているあいだ辛かった。及川中という監督は、なぜ小夜子が天女の化身なのかという根本のところが何 もわかっていない。

 誰もが危惧するだろう小夜子=鈴木杏はやっぱりダメ。頑張ってはいるんだけど、基本可愛い娘ちゃんだから、可愛い娘ちゃんが頑張って虚勢を張ってるようにしか見えない。もとより小夜子というのは人外の魅力をたたえた大人びた少女が、ときどき可愛らしさも見せるって存在だったはず。今の映画界には吉田秋生の実写化としかいいようのない三白眼の美女がいるではないか。どうして栗山千明にやらせないのか、オレには理解できないよ。

|

« 『学校の階段』スペシャルトークショー | トップページ | 転校生 (2007) »

コメント

はじめまして。いつも拝読しております(御著書も^^)。
「吉祥天女」の小夜子が鈴木杏とは、あまりにたまげてコメントしてしまいました。鈴木さんは上手くて魅力的な女優さんだとは思いますが、小夜子ではないですよねぇ。観てないのに言うのもナンですが。事務所の力が強いのかしらなどと邪推をしてしまいます。

投稿: penelope | 2007-05-17 00:16

『吉祥天女』近所のシネコンでもかかるので
楽しみにしていただけに残念です。

鈴木杏と栗山千明W主演の
『六番目の小夜子』は

「小夜子が2人いる!」

って話でしたね。
これも原作無視して「高校生集団自己催眠」が
NHKにしては過剰で
カルト宗教に見えてしまいましたが、

そうか本物の小夜子は千明さまの方だったのですね。

投稿: ヒノキオ | 2007-05-26 12:33

鈴木杏、昔は美少女だと思うが、最近なんだろう?
顔の輪郭だけのびた?
頬骨がのびた?(笑)

投稿: う〜ん、 | 2007-06-13 05:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/15079990

この記事へのトラックバック一覧です: 吉祥天女 (2007):

» 「海街diary 1 蝉時雨のやむ頃」 読んだ [ランプサクス 〜ディープの世界〜]
吉田秋生の最新作「海街diary 1 蝉時雨のやむ頃」読んだ。 吉田秋生はやっぱり短編の方が良いかもねえ。 これは、連作短編ですが。 鎌倉の古い家に暮らす姉妹たちの物語ですが、年代がバラバラなのにきちんと読ませる力量はさすがです。 長女のてきぱきとしたところと、次女のいい加減そうに見えて意外と仕事をがんばっているところと、三女のゆるさと、四女の長女に似ているところが好きです。 次女の彼氏はま�... [続きを読む]

受信: 2007-05-16 08:56

» 吉祥天女のこと [吉祥天女情報館]
吉祥天女のことや、関連する情報を紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2007-06-07 11:52

« 『学校の階段』スペシャルトークショー | トップページ | 転校生 (2007) »