« 電撃作戦11号(1956) | トップページ | 監督・ばんざい!(2007) »

2007-04-04

Z⊕DIAC (2007)

 おそらくは予想される批判として、リチャード・フライシャーならこの映画は1時間40分で作れるだろう。ヒッチコックなら85分だ(ドン・シーゲルなら……シーゲルだと犯人を射殺してしまう)。でも、黒沢清の言葉を援用すれば、「2時間40分かかろうとやらないよりはやった方がいい」のである。平坦な脚本を見せきるフィンチャーの腕力に感嘆する。

 で、中身はオタクが殺人にはまると奥さんに逃げられるという映画だった。恐ろしい……

|

« 電撃作戦11号(1956) | トップページ | 監督・ばんざい!(2007) »

コメント

通りすがりに笑ってしまいました

投稿: モトモチ(通りすがり) | 2007-04-04 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/14505694

この記事へのトラックバック一覧です: Z⊕DIAC (2007):

« 電撃作戦11号(1956) | トップページ | 監督・ばんざい!(2007) »