« 最終兵器 鈴木則文降臨! | トップページ | ミリキタニの猫 (2006) »

2007-04-21

河童のクゥと夏休み (2007)

監督・脚本 原恵一 公式サイト

 披露試写にしてはあれ?と思うくらい人が少なかったんだけど、おもだった人たちは内覧で見ていたのだろうか。あるいは天才原恵一の名前もまだまだ映画評論業界では通ってないってことなのかなあ。情けない話だけど。

 映画は何ヶ所か原恵一ならではの演出力を見せる場面はあるものの(相撲のところとかうまいね)、全体としてはウェルメイドな良心作という印象。そりゃあ悪いわけはないんだけど、鶏を割くのに牛刀を用いるの感がある。これならジ ブリでいいじゃん! もっと思うのは、これならクレしんでいいじゃん! いや、この話のままで主人公しんちゃん一家にすればいいんでね? その方 が感動的だったような……

|

« 最終兵器 鈴木則文降臨! | トップページ | ミリキタニの猫 (2006) »

コメント

7月7日全国ロードショー『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ』
ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ

http://www.dolphin-blue.com/

この夏公開の映画「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ」を
ご存知ですか?

主演はデスノートでブレイクした、松山ケンイチくん。
世界最大級のきれ~いな沖縄美(ちゅ)ら海水族館で実際に起きた出来事を基に
描かれた感動もののストーリーなんです。

尾ビレが突然壊死してしまったバンドウイルカのフジに人工の尾びれを与えて
あげたい!!という熱き想いの新米獣医師(松山ケンイチ)が、周囲の人々の
助けを借りながら世界初のプロジェクトを進めていく……というお話。

監督は『陽気なギャングが地球を回す』の前田哲。
実際にイルカのフジとともに1か月に渡って長期撮影を敢行したそうです
実話ならではのリアリティを醸し出す仕上がりになっています。

投稿: takeuchi | 2007-06-07 15:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/14794255

この記事へのトラックバック一覧です: 河童のクゥと夏休み (2007):

» バージニアの銃乱射事件とコロンバインとマリリン・マンソンについて [ParanoiacJokermanの二次元とギターな日々]
めずらしく真面目な話題なのですが、個人的にかなり印象に残った事件だったのでバージニア工科大学での銃乱射事件について書いてみようと思います。 この事件のことを知ってまず思い出したのは、1999年にアメリカのコロンバイン高校で起きた銃乱射事件のこと。そして、そ....... [続きを読む]

受信: 2007-04-22 01:16

« 最終兵器 鈴木則文降臨! | トップページ | ミリキタニの猫 (2006) »