« 春になると | トップページ | 連日連夜紀尾井町 »

2007-03-20

超低予算SF映画の可能性

3/26(月) アテネ・フランセ文化センターでの映画美学校公開講座に出演します。

上映とトーク 「超低予算SF映画の可能性

『セックスと嘘とビデオテープ』『トラフィック』などで知られるスティーヴン・ソダーバーグ製作総指揮によるデジタルテクノロジー、超低予算、レトロ風 SF大作映画『エイブル・エドワーズ』を上映。あわせてSF映画の可能性についてのトークを行います。2005年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭で話 題となった作品です。


日時:2007年3月26日(月)
会場:アテネ・フランセ文化センター(御茶ノ水)
   東京都千代田区神田駿河台2-11アテネ・フランセ4F
TEL.03(3291)4339(13:00~20:00)

トーク:18:00~
高橋洋(『リング』脚本家『ソドムの市』監督/映画美学校フィクション・コース講師)
柳下毅一郎(映画批評家・特殊翻訳家)

上映:19:00~
『エイブル・エドワーズ』2004グラハム・ロバートソン監督
Able Edwards by Graham Robertson(DV/カラー/85分/日本語字幕付)
2005年SKIPシティ国際Dシネマ映画祭上映作品

入場料:
一般1000円
映画美学校生/アテネ・フランセ文化センター会員/ユーロスペース会員800円

主催:映画美学校
後援:アテネ・フランセ文化センター
   ユーロスペース
協力:SKIPシティ国際Dシネマ映画祭

お問合せ:映画美学校03(5205)3565(月~土12:00~20:00)

|

« 春になると | トップページ | 連日連夜紀尾井町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/14321395

この記事へのトラックバック一覧です: 超低予算SF映画の可能性:

« 春になると | トップページ | 連日連夜紀尾井町 »