« 鹿沼エリの店 | トップページ | 『ある島の可能性』ミシェル・ウエルベック »

2007-02-26

+1の日

 Loft+1の一日。お昼過ぎに出かけて2時から佐川一政氏の『業火』出版記念イベント。なぜか佐川氏の生前葬という格好で、壇上に遺影が飾ってあったりした。出演者は鈴木邦夫、さくら女王様、地引雄一。ぼくもなぜか壇上に上げられてだらだらと喋りました。イベント自体も久しぶりだったし、ゲストも当日までずっと未定だったりして、本当にお客が来るのか不安が多かったわけですが、ふたを開けてみると意外と若い(可愛い)女の子がいっぱい来ていたりして、佐川人気健在なのであった。

 佐川氏、地引さんらは打ち上げに行ったが、ぼくはそのまま残って7時からのゴミ鍋。こちらも平山夢明大先生が40度の発熱ということでいろいろ危ぶまれたんですが、無事に大盛り上がりで何より。中原昌也は例によって遅刻しまくり、ようやく来たかと思うと下品なギャグを連発して本当に困ったことであったよ。終了後はそのまま飲みに行って3時過ぎまで。寝てたけど。

|

« 鹿沼エリの店 | トップページ | 『ある島の可能性』ミシェル・ウエルベック »

コメント

楽しませてもらいました。
現金バラ巻き祭りの島、『潮騒』の舞台だそうですけど、よく考えたら三島由紀夫賞の方が壇上にw

投稿: 孟康 | 2007-03-04 02:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/14053692

この記事へのトラックバック一覧です: +1の日:

« 鹿沼エリの店 | トップページ | 『ある島の可能性』ミシェル・ウエルベック »