« ブラックブック(2006) | トップページ | エクステ (2006) »

2007-01-20

2006年映画ベスト10

映画秘宝のベスト10発表号が発売になったんで、ぼくのベスト投票をここに転載しておきます。

  1. 『スキャナー・ダークリー』(06 リチャード・リンクレイター)
  2. 『悪魔とダニエル・ジョンストン』(05 ジェフ・フォイヤージーグ)
  3. 『デビルズ・リジェクト』(05 ロブ・ゾンビ)
  4. 『Dog Days』(01 ウルリヒ・ザイドル)
  5. 『世界の終わり』(06 ジョン・カーペンター)
  6. 『エレクション』(05 ジョニー・トー)
  7. 『ヒストリー・オブ・バイオレンス』(06 デヴィッド・クローネンバーグ)
  8. 『LOFT』(05 黒沢清)
  9. 『ブラック・ダリア』(06 ブライアン・デ・パルマ)
  10. 『卍』(05 井口昇)

〈マスターズ・オブ・ホラー〉のためにジョン・カーペンターが撮ったのは呪われた映画の話である。映画祭でたった一度だけ上映され、その後封印された映画には死そのものが写しこまれているのだという。それは決して見てはならない映像だとみなわかっていながら、それでもどうしてもその映画を探さずにはいられない。カーペンターが描いているのは、映画に取り憑かれて映画館に通いつづける我々自身のことである。我々はみな、廃人となっておぼろなスキャナーを見つめつづけるまで、どうしても止められない中毒患者なのである。

 ワーストその他は本誌で見てください。ちなみに個人的にいちばん受けたのは「ベスト・シーン一位 『スキャナー・ダークリー』ウィノナ・ライダーのヌード」でした。みんなバカすぎ。

|

« ブラックブック(2006) | トップページ | エクステ (2006) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198151/13580833

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年映画ベスト10:

» エレクション [ショウビズ インフォメーション]
『ブレイキング・ニュース』などの鬼才ジョニー・トー監督が放つマフィア映画。 現代における香港のヤクザ社会の抗争劇を、リアルかつ重厚なタッチで映し出す野心作。 主演は『PTU』のサイモン・ヤムと、『天上の恋歌』の... [続きを読む]

受信: 2007-01-21 17:00

» [映画]2006年ランキング [「短歌と短剣」探検譚]
1位 「トゥモロー・ワールド」→感想  「グエムル-漢江の怪物-」→感想 ↑どちらも1位 3位 「LOFT」→感想 4位 「猫目小僧」 →感想 5位 「ジャーヘッド」→感想 6位 「紀子の食卓」→感想 7位 「輪廻」→感想 8位 「ダ・ヴィンチ・コード」→感想 9位 「パプリカ」→感想 ... [続きを読む]

受信: 2007-01-22 20:56

« ブラックブック(2006) | トップページ | エクステ (2006) »