2018-10-31

BBC非英語映画ベスト100

BBC Cultureが非英語映画ベスト100というたいへんアバウトなランキングをやるということで、投票させていただきました。正直、わたくしのようなものが投票していいのでしょうか、という感じなんですが、いつまでも長老ばかりじゃアレじゃないの、という某氏の紹介で投票させていただくことになりました。実際の投票も探していただければサイトのどこかにあがってますが、これ、真剣に考えたのはベスト5までで、それ以下の5本は世界的傑作(個人的には100本くらいはすぐに上がる)の中かその日の気分で選んだだけで、それほど決定的なものではありません。個人的にはここにはどうしても『燃えよドラゴン』(1973 ロバート・クローズ)を入れたかったのですが、BBCから「それは英語映画だ」との指摘を受けまして、泣く泣く「じゃあ『ドラゴンへの道』で」ということにしましたが、しかしここに本当に入るべきは『燃えよドラゴン』なのだ、ということはみなさんご理解いただきたく、ブルース・リーとゴジラだけは非英語圏の映画として真に歴史的存在であると記録に残しておきたいのです。

なお、ぼくが一位に推した映画について「英語で紹介書け」と言われたので恥ずかしながら英語の紹介文を書きました。ご笑納くださいませ。総合ランキング一位は『七人の侍』なんですが、これは「日本人映画評論家は誰も投票しなかった」とBBCに指摘されております。蓮實重彦の呪縛なお強し。もちろんぼくも黒澤には入れてません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-10-20

プロメテア 2

B18a09435ll1
 アラン・ムーア+J・H・ウィリアムズIIIによる魔術コミック『プロメテア』、ようやく、ようやく第二巻が発売されました。「アラン・ムーアの魔法少女モノ」などと言われた本作ですが、この巻ではついに牙を剥き、本気でヤバイところに踏み込んできます。ウィリアムズIIIの超絶技巧もここぞとばかりに炸裂。これが現代の若者にとっての魔術入門書となっている……ということの意味がようやく伝わるかと。これが流行れば日本でも……魔術の時代が来る……

 なお、第二巻発売を記念し、第一章のみですが(第一巻も!)試し読み可能になっています。ぜひ読んでみてください。第一巻 第二巻 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-05-25

Bizzare Romance

Images
『タイムトラベラーズ・ワイフ』のオードリー・ニッフェネガーと『フロム・ヘル』の(作画担当)エディ・キャンベルはシカゴとオーストラリアのブリスベーンという超遠距離恋愛の末結婚した夫婦で、Bizzare Romanceは二人の愛の結晶的ちょっと不思議恋愛短編集。イラストだけのもあればコミックになってるのもある。キャンベルのテクニシャンぶりは存分に味わえる。Digging up the Cat(猫を掘る)がしみじみといい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-04-23

霊感刑事の告白

51fl8yc4jtl_sx330_bo1204203200_
『霊感刑事の告白』 の著者は元宮城県警の警視正までつとめた叩き上げの名刑事である。だが、彼の数々の成果はすべて霊界からのメッセージによるものだった……!という衝撃の一冊。筆者は宮城県気仙沼署の刑事課長に就任したのは昭和53年、45歳のとき。妻子を仙台市内においての単身赴任で、ついに夢だった刑事課長への昇進をはたした。順風満帆。ところが赴任してから二ヶ月ほどして、ラジオから声が聞こえだす。そのうちにテレビや電話機などから次々に呼びかけられるようになるのである。ついに狂ったか……!?
普通に考えたら新たにおった責任の重さと単身赴任による新生活のストレスから幻聴を聞くようになったのかと考えるところである。筆者も悩み、しまいに自殺まで考えるのだがすんでのところで思いとどまり、これはあの世(霊界)からのメッセージだと考えるようになる。なんせ刑事ですからね、殺人事件があれば犠牲者の声を聞いて犯人を探してしまう。間違いようがない。アパートで幼い娘と母親が死んでいた事件では、当然疑いの目は第一発見者である父親に向けられる。だが「死体はなんでも知っている」のである。母親の
「……違います。夫ではありません。私が殺しました、間違いありません」
という声を聞いた筆者は、母親による無理心中だと確信して、事件を解決に導いたのである!

 いろんな部分で村崎百郎の文章を思い出してしまったりしてなかなかおもしろかった。なお、あるとき御仏の声として延々と数字が読み上げられるのを聞いた著者は、その意味を訊ね
「すべての人間は固有の番号で一人ひとり登録されている。その番号で生まれてから死ぬまで管理される。今、読み上げられている番号の人は、読み上げられた直後に死ぬことになっている」
と教えられるのである。まさかの霊界マイナンバー制にはちょっとやられたのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-03-22

興行師たちの映画史 新装版 -エクスプロイテーション・フィルム全史-

9784791770595
 青土社より2003年に刊行した『興行師たちの映画史』が新装版となって再刊されることになりました。中身はほとんど変わっておりませんので、旧版をお読みいただいている方は、とくに手にとっていただかなくとも……これがなぜ「増刷」じゃなくて「新装版」なのかということにはいろいろ大人の事情が……さまざまな事情に翻弄されてしまった本なのですが、中身は今でも別に古びていないと思いますので、ご一読願えれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-03-06

「炎と怒り」とスティーヴ・バノン

Fireandfury
トランプ政権の暴露本『炎と怒り』を読んだ。

まあトランプはトランプだというのはわかってることなので、中身にそんな驚きがあるわけじゃない(トランプ政権にはスピーチライターがいない、というのはさすがにびっくりだが)。著者はちょっとトランプ的世界に浸りすぎてるようで、かなり粗雑に「メディア」とひとくくりにして語っていたりする。ぼくが興味があるのはバノンのほうなんで、その意味ではこの本はぴったり、というのも著者マイケル・ウォルフの主要リーク源がどうやらバノンであるからだ。なので本の中ではバノンはヒーローであり、雄々しくジャーヴァンカと戦ってトランピズムの大義を推し進めようとする。

にもかかわらず、これを読むかぎりバノンはひたすらことが終わった後で冷笑する後出しの警句屋でしかなく、破壊以外のことは何も実現できない壊し屋でしかないのだった。バノンのビジョンにはちょっと興味あったんだけど、結局は黙示的世界観の先には何もないのかなあ。そこらへん、もうちょっと知りたいんで、まだいくつか読書は続けるつもり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-01-26

〈J・G・バラード短編全集〉

1062
 2016年から刊行が続いてまいりました〈J・G・バラード短編全集〉(東京創元社)、不世出の天才作家バラードの全短編を年代順に収録してきた短編集ですが、2018年1月31日刊行の第五巻でようよう完結となります。長きにわたるおつきあい、ありがとうございました。第五巻は表題作「近未来の神話」をはじめバラード黙示てんこもりの傑作揃いですが、解説はなんとウィリアム・ギブスン書き下ろしです! まあバラードだからね。それくらいはいたしませんと。

 なお、完結を記念しましてジュンク堂池袋店でトークをいたします。

2018年02月13日(火) 19:30~

『J・G・バラード短編全集』全5巻完結記念 柳下毅一郎×牧眞司トークセッション

1960年代より世界的な広がりを見せたニュー・ウェーブ運動を牽引し、20世紀SFはもとより現代文芸においても独自の境地を拓いた、英国きっての鬼才作家バラード。
その生涯に残した98の短編を収録した決定版全集(全5巻)の刊行が完結いたしました。
完結を記念して、監修を務められた柳下毅一郎さんと、SF研究家・牧眞司さんのトークセッションを開催いたします。
お二人には、バラードのこれまでの足跡や、今回の短編全集の監修に当たっての裏話などを存分に語っていただきます。

★入場料はドリンク付きで1000円です。当日、会場の4F喫茶受付でお支払いくださいませ。
※事前のご予約が必要です。1階サービスコーナーもしくはお電話にてご予約承ります。
※トークは特には整理券、ご予約のお控え等をお渡ししておりません。
※ご予約をキャンセルされる場合、ご連絡をお願い致します。(電話:03-5956-6111) 

■イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記へお願いいたします。
ジュンク堂書店池袋本店
TEL 03-5956-6111
東京都豊島区南池袋2-15-5

ふるってご参加くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-01-20

2017年ベスト10

91fnrbnw8jl

 2017年度のベスト10を発表する〈映画秘宝〉2018年3月号が発売になりました。例によって今年もベスト10を投票しておりますので、ここでも発表させていただきます。

1『アウトワン ノリ・ミ・タングレ』(1971 ジャック・リヴェット)
2『バーフバリ 伝説誕生』『王の凱旋』(2015-17S・S・ラージャマウリ)
3『T2 トレインスポッティング』(2017 ダニー・ボイル)
4『まんが島』(2017 守屋文雄)
5『エンドレス・ポエトリー』(2016 アレハンドロ・ホドロフスキー)
6『バンコクナイツ』(2016 富田克也)
7『ベイルート、もう二度と』(1976 ジョスリーン・サーブ)
8『予兆 散歩する侵略者』(2017 黒沢清)
9『花筐』(2017 大林宣彦)
10 『レゴ・バットマン・ザ・ムービー』(2017 クリス・マッケイ)

コメント、トホホ等は本誌のほうを。本誌のほうでは恒例となった講評対談を町山とやっておりますのでそちらも合わせて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-06-10

[この殺人本がすごい] 深笛 義也『罠 埼玉愛犬家殺人事件は日本犯罪史上最大級の大量殺人だった!』

618drwcf08l_sx340_bo1204203200_

関根元の埼玉愛犬家殺人事件にまつわる本がまた出てしまった!高田耀山『仁義の報復』は関根に舎弟を透明にされてしまったヤクザの組長が書いた本だったが、今度は三里塚闘争にも参加していた過去を持つ新左翼活動家崩れのルポライターといういかにもゴールデン街あたりに吹き溜まっていそうな作家だ。深笛義也『罠 埼玉愛犬家殺人事件は日本犯罪史上最大級の大量殺人だった!』(サイゾー)である。

 埼玉愛犬家殺人事件においては、関根元と風間博子に死刑判決が出て確定、共犯者だった山崎は死体損壊の罪で三年服役した。関根が獄中死したのも記憶に新しい。さて、この事件にはいろいろと問題があるのだが、その最たるものが風間の役割である。風間は死体損壊遺棄は手伝ったものの、殺害には一切関与してないと一貫して主張している。だが、裁判では関根の証言に基づき、風間が殺人の共犯者と認定された。風間は現在も無罪を主張し、再審闘争を続けている。

 筆者はたまたま風間の支援者と知り合いになり、膨大な裁判資料を渡されたことから裁判に興味をいだいたらしい。資料を読みこむうちに、検察の作ったストーリーの不自然さに気づいてしまう。つまり、風間は殺人のことなど何も知らず、事後従犯としていやいや死体損壊(透明にする!)につきあわされただけではなかったのか。山崎が語って有名になった、中村美律子を口ずさみながら死体を切り刻む風間の姿は文学的創作ではないのか。高田組の組長代行殺害の共犯は山崎ではなかったのか。もしそうだとしたら、誰が、なぜ風間が主犯であるというストーリーを作りあげ、なぜそれがまかりとおってしまったのか。

 その意味で、事件の真のキーパーソンは埼玉地検の岩橋検事なのではないか……と筆者は岩橋検事に直接取材も試みる。さすがは元活動家だ! 風間の息子や二人のあいだの娘の率直な肉声も聞こえ、なかなかに興味深い。

「事件を知ってすぐに、風間が警察に相談をしていれば、判決はまるで違ったものになっていたかもしれないのだ。早い者勝ちで有利な判決が得られるなら、裁判とはいったいなんなのだろうか」
風間博子はなおも無罪の訴えを続けている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017-06-02

スキップ・ホランズワース『ミッドナイト・アサシン』

4171
 ぼくがスキップ・ホランズワースの名前を知ったのはBest American Crime Writingsのシリーズを読んでいたときである。〈ニューヨーカー〉や〈エスクァイア〉といった雑誌に並んで、〈テキサス・マンスリー〉という地方雑誌の記事が再録されている。そこでメジャー雑誌にまさるともおとらぬ見事な犯罪ルポを書いていたのが〈テキサス・マンスリー〉のエース記者であるスキップ・ホランズワースだったのだ。簡潔な文体と行き届いた取材、意表を突くプロット。犯罪ノンフィクションのお手本のような名品ばかりである。多くは〈テキサス・マンスリー〉から出ているアンソロジーで読むことができる
 そのホランズワース、初の長編ノンフィクションがようやく出版された。『ミッドナイト・アサシン』は一八八四年、テキサス州オースチンで発生した「アメリカ初の連続殺人事件」についての本である。疾風のようにあらわれて証拠を何一つ残さず消えてしまう殺人鬼、実はさる事件との関連が疑われることになるのだが……たいへん面白い本なので是非。ぼくは解説を寄せさせていただいております。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«バラード短編全集 終着の浜辺